« 30万 | トップページ | JCSエルサレム7/17(アンコール公演千秋楽・その2) »

2011年7月21日 (木)

JCSエルサレム7/17(アンコール公演千秋楽・その1)

はい、今日も眠いです(笑)。横になったらすぐに寝られます。横になりたい。 ←ダメ(笑)
遅くなりましたが、JCSレポです。タイトルは千秋楽と書いてありますが、前楽や今回の公演を通じてのことも記録のために一緒にレポしようと思います。が、もう記憶がかなり怪しいです(おい)。

 

★もう終わりです

・7月5日から始まったアンコール公演は15回上演され、この日が千秋楽でした。あっという間でした。お友達の中には全公演通った方や、関西から3分の2以上通った方もいました。私も観ることが仕事という感じでした(笑)。中毒性の高い演目ですね・・・怖い(笑)。
そんなワケで、迷うことなく千秋楽も観に行ってきたのでした。

・彼らの心~でのスンラユダ。ホント何度見ても歌声と姿に惹かれます(痛)。その後に上手前方から中央の芝ジーを見つめる姿も好きです。
・・・まぁ千秋楽なのでたまには痛いことを書かせてください・・・。あ、いつも痛いですか、そうですか(汗)。

・♪彼らをまず救うことが何よりも大事なのだ~とスンラユダが歌った時、芝ジーは何か言いたいのか立ち上がろうとしますが、高木マリアになだめられて落ち着きます。そんな芝ジーが結構好きでした。 ←千秋楽なのでとりあえず思いついたことを書いている(汗)

・これはお友達から教えてもらいそれから見るようにしたのですが、ホサナが終わり暗転する直前に正木司祭は、姿勢を低くしたまま地面スレスレの位置で客席を鋭い目つきで睨み、暗くなったと同時に下手へはけていきました。もうね、この時の目が怖くてですね、私泣きそうになりました。 ←こら適当に書くな(笑)
あ、正木さんは音を立てずにうまくささっとはけていってましたね。内海さんの最初の頃のドタバタ音が懐かしいです(ちょ)。

・シモンナンバーは毎回最初の▽のところでぐぁーっと体が熱くなっていました。大好きです。あの中に入って手を振りたいです。 ←こら(笑)
本城シモン、毎回熱唱でかっこよかったー。でも一つだけ心残りが。

ローマ上げが聴きたかったーー!!!

私が観たアンコール公演では一度も♪ローマをーーー!!!のところで上げて歌っていませんでした。前楽か千秋楽で一度でいいから上げてほしい!と思っていたのでこの日は祈りながら見ていたのですが、とうとう聴けませんでした。残念・・・。演出家からOKが出なかったのかな・・・。

♪永久の栄光と~のところで群衆が走って行ったり来たりしますが、ソワレで女性のどなたかが前方に来た時に「ジーザス!」って言っていました。あれは誰だったんだろう・・・。
そしてシモンナンバーが終わって芝ジーの周りに集まっている群衆を見たら、廣瀬さんの衣装の肩の部分がずれて、たくましい左上腕部が露出していました。襟ぐりが広いのでずれてしまったようです。それを見て私は、どうせなら脱い(略) ←変態ですこの人(笑)

★落ちたり消えたり

・テンプル。五十嵐さんは上手の列の手前から2番目で小鳥を売っていました。必死に売ろうとしているのになかなか売れないので心の中で応援しながら(笑)結構見ていたのですが、千秋楽では平山司祭が五十嵐さんに
本気の右足キック一発。
・・・その瞬間、可哀想だと思ったけれど喜んでいる自分もいました。 ←ちょ(笑)

・テンプルで芝ジーが登場する直前、シモンは上手側の列の一番奥でお酒?を飲みますが、何度もすくって浴びるように飲んでいました(笑)。ユホンさんはお酒があまり飲めないってイベントで言ってましたが、エア飲みは素晴らしかった(笑)。
あ、そういえば、いつだったかベロンベロンに酔っ払ったような感じで列の間を歩いていましたよ。あれには笑った(笑)。

・♪出ていけ~~~の芝ジー。千秋楽では~~~が長めだったと思います。・・・記憶が薄いです(汗)。

・その時に群衆は手に持っていた物をそれぞれ持ってソデへはけますが、前楽では誰かがネックレスのような物を上手側に落としていってしまいました。それに気付いた青山さん(たぶん)は、急いで戻ってさっと拾っていました。
で、青山さんは上手側に残って倒れ、次のシーンで♪みてください口がきけない~と歌いながら芝ジーに近づいていくのですが、私は(さっきのネックレスはどこにしまったんだろう)と思って気になってしまいました。もしかしたら首からかけているんじゃないかと思って(かけないよ!(笑))グルグル回るところでは青山さんばかり見てしまいました。 ←アホすぎる(笑)

・芝ジーはみてくださいグルグルの途中で群衆を一度手で払いますが、千秋楽では払う前にしゃがみすぎたようで一瞬姿が消えました。そしてにょきっと現れながらぶわっと豪快に払っていました。・・・あのシーン、アレですよね、マリアが毎回大変ですね・・・って、文章がバラバラすぎますね(汗)。

★SS

・裏切/賞金ではスンラユダは最初から凄いテンションでした。特に前楽、千秋楽では入りこみまくっていたような感じがしましたよ。最初からSS入っていました。あ、SSスンラスイッチの略です・・・って何だよそれ!(笑) ってか、素敵スンラさんじゃないのか!(笑)
まぁとにかく凄かったです。逮捕令状をガン見していました(笑)。

・銀貨を掴んで倒れた後の芝ジーの気づいてね足音は、毎回わかりやすくて良かったです。 ←適当な感想ですみません
そして、スンラユダから視線を逸らしますが、その逸らしっぷりもわかりやすくて良かったです。 ←適当な感想で(略)
あ、アンコール公演のほうが逸らす時間が長かったですねー。その間スンラユダは左手を芝ジーのほうへ伸ばしながらジリジリと倒れていっていました。その姿に泣けました。 ←適当な(略)

・スンラユダにタックルされた芝ジーはスンラユダの手首を掴むことが多かったのですが、前楽では肩を掴み、それから肘のあたりを掴んでいました。あぁ、その受け入れ方、いい!(痛)
ちなみに千秋楽では最初は両手首を掴んでいましたが、途中でスンラユダの右手は芝ジーの胸のあたりに行っていて、必死にすがっているような感じでした。で、その後芝ジーはスンラユダをふっ飛ばしますが、そのふっ飛び方が凄かった。左足が浮いていました。飛んでいました(笑)。さすが芝さんだ。 ←意味わからん(笑)

・そういえば、そのタックルの前に芝ジーが♪嘘は言うな~と歌いながら前に出てきますが、それがいつもより出過ぎて最初からスンラユダとの距離が近かったです。芝さんも気持ちがいつもより入っていたのかなー・・・。

・あ、そうだ、これは書かねば。
前楽でキラキラ棒shineが一瞬登場したような気がする。
・・・気のせいかなぁ・・・。どうでもいいですね・・・(汗)

 

長くなってきたのでここまでにします。それにしても適当すぎるレポだ・・・。すみません(汗)。続きはまた後日。。

|

« 30万 | トップページ | JCSエルサレム7/17(アンコール公演千秋楽・その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 30万 | トップページ | JCSエルサレム7/17(アンコール公演千秋楽・その2) »