« JCSエルサレム7/17(アンコール公演千秋楽・その1) | トップページ | 結婚 »

2011年7月23日 (土)

JCSエルサレム7/17(アンコール公演千秋楽・その2)

続きです。これから出かけるため、まとまりのない文章になるかもしれません。あ、いつもまとまってないですね(汗)。

 

★最後

・前回のレポで書き忘れていたのですが、スンラユダがふっ飛ばされて起き上がった後に♪私は理解ができない~~!と歌いますが、千秋楽では歌いながらよろよろと後ずさりしていました。そして両手を斜め下に広げて若干「ワタシハリカイガデキマセーン」的なジェスチャーになっていました。 ←何ですかそれは(笑)
・・・そんなことを頭の片隅で思いながら泣いていた女でした(反省)。

・毎回このシーンでの芝ジーとスンラユダとのやり取りは凄かったのですが、前楽、楽は特に凄かったです。私は体が硬直してシビレまで起こってしまいました。
♪あ゛ーーーあああーー、あああああーーあーーーーー!
と絶叫して舞台奥へ走り去って行くスンラユダ。左手を出してその後ろ姿を見る芝ジー。きれいなハーモニーで静かに歌う使徒たち。そして使徒たちが眠った後、その場に座ったまま泣きそうな顔で両手をギュッと組んで体を前に倒す芝ジー。
・・・ここ泣けますね・・・。

・最後のゲッセマネも素晴らしかったです。♪その訳今すぐ知りたい!!も大音量でした。
また、♪十字架にかけろ~!と歌いながらバッと両手を広げる勢いも凄かったです。死にざまロングトーンも見事に最後まで伸ばしきっていましたね。見応え、聴き応えのある最後のゲッセマネでした。あぁ本当に芝さん凄いわーー。芝ジー好きだー!

★新ハート

・スンラユダの芝ジーへの裏切りキスはいつもより長めだったように感じました。
あ、これだけは書かなければ。16日マチネのことでしたが、キスをした時に芝ジーが
左手を出してスンラユダを抱こうとした。
うぉーーー!!!それヤバい、ダメだーーーー!!! ←興奮と同時に泣いた女
スンラユダはバッと離れて芝ジーに背を向けますが、出した左手がスンラユダの体に当たっていました。あー・・・・・・思い出すたびに胸が苦しくなる(泣)。

・自殺。16日ソワレでは♪国も売ろう~と歌いながら躓いてしまいましたが、前楽と楽は大丈夫でした。でも前楽では立ち上がる時にスンラユダの右手がブルブルと震えていて、ゴロゴロマイゴッドの時は前楽、楽ともヨロヨロとまっすぐ走れないような状態でしたねー。
以前は上手側は上のほうまで走っていき、下手側は途中のあたりから転がっていましたが、今回は上手側が途中のあたりからで、下手側が上のほうから転がっていましたねー。・・・あ、どうでもいいですか(汗)。

・前楽も楽も早めにゴロゴロが終わって、舞台中央で少し倒れたままになっていました。以前こんな感じでしたねー。で、千秋楽では倒れた状態から起き上るのかと思ったら、

最後にバタっともう一回転出た!!!
スンラビリー登場ーー!!! ←ちょ(笑)

・・・すみません、舞台が熱すぎて感覚がおかしくなっていました(汗)。

・えーと、もう一つ。ゴロゴロの前に♪愛したのかーーー!!!と歌いながら両手をくっつけてハートの形にしていた(愛したのかハート)ことは過去に時々ありましたが、千秋楽では

いられるかハート

でした。・・・どうでもいいことばかりですね、さっきから(反省)。
ちなみに、前楽では♪愛したのかーーの後の♪私は~の部分は、「私は・・・」とつぶやいていました。

★疲労

・今回の石投げ係はユホンさんでしたが、結構直球でした。うまく村ピラトの斜め上あたりを投げていましたが、千秋楽では村ピラト・・・の後ろの神永兵士に当たっていました。でも石なのに痛くなさそうでした。 ←ちょ(笑)

・群衆は兵士にタックルしますが、私は個人的に中村兵士が好きでした。キックだけじゃなくてパンチもくり出していました(笑)。棒の先で突いたりしていて、もうそのドSっぷりがたまらなかったです(危)。
それから、青山隊長ですが見事に毎回鞭を打っていました。打った後は本当に疲れているとイベントでおっしゃっていましたが、それは本当のようです。その後のシーンでの群衆のタックルをさばく青山隊長の動きの鈍さがハンパなかったです(泣)。磯津さんも華麗にスルーさせていました(笑)。

・最後のスーパースター。かっこよかったです。・・・って、それだけかよ!(すみません)
毎回熱唱しているスンラユダに釘付けでした。いや、もうホント言うことないです(痛)。
あ、そうだ、今回のアンコール公演で、また血の盆を持ってくる五十嵐さんの口パクパクが見られて良かったです。 ←何だそれは(笑)

★一体感

・芝ジーの渾身の最期のシーンが終わり、カテコ。とても盛り上がりました。スンラユダの楽しそうで元気な姿に見ていてホッ。▽を作るためにソデから俳優を呼ぶところも両手をグルングルンと何度か回していて、形ができたところで「いくよーー!!」みたいな感じで両手を上げてキャストの皆さんに向かって力強く指を差していました。

・そして円になりその円を上げていくところでは
「おぉーーーーーーーーーおっ!!!」
とキャストの皆さんから大きな声が。おぉ、この一体感、素晴らしい!!皆さんやり切ったような笑顔で素敵でした。スンラさんも清々しい表情でしたねー。そして芝さんも笑顔で素敵でした。

・客席はスタンディングオベーション。拍手が鳴りやまず何度も出てきてくれました。なかなか終わらないので、最後は芝ジー締め。一人で舞台中央を後ろに歩いていき、そのまま振り向かずに最後に右手ガッツポーズ。良い締め方でした。

 

以上です。急いで打ったのでまた何かありましたら修正、追加します。今回のJCSも素晴らしい舞台でした。芝ジー、スンラユダの組み合わせ、最初はどうなるんだろうとドキドキしていましたがとても良い組み合わせだったと思っています。できることならまたこの二人で観たいですねー・・・。でも次はいつやるのかわからないからどうなんでしょうね。。

とにかく、俳優、スタッフの皆さま、素晴らしい舞台をありがとうございました!!

|

« JCSエルサレム7/17(アンコール公演千秋楽・その1) | トップページ | 結婚 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JCSエルサレム7/17(アンコール公演千秋楽・その1) | トップページ | 結婚 »