« カボチャ猫 | トップページ | ボール »

2010年10月 6日 (水)

思い出

今週は残業モードで帰りが遅いのですが、今日は無理矢理帰ってきました。明日が怖い・・・。
10月から私の係に女性が一人増えました。また、パートの方が急な事情により9月末で辞めることになったため、新しい方が10月から入りました。ということで、同時に二人に仕事を教えることに。忙しいので一人増えたのは本当に嬉しいんですけどね、でも何がアレって、

指導が大変です・・・shock

ただでさえ月の初めは忙しいのに、二人が「私は何をしたらいいですか」という状態で椅子に座っています。で、何もしないで座ったままにはさせられないので、とりあえず簡単な仕事をやってもらおうと思ってやり方を説明。二人ともゼロからのスタートなので、用語の説明やパソコンのシステムの操作の方法の説明から始まります。これはかなりキツイ。。簡単な仕事を頼んでも理解できていないので同じことを何度も聞いてきます。ミスもあります。

本当は忙しくて教えるのに時間をかけたくないけれど、私も春の頃は仕事がなかなか理解できなくて大変だったので気持ちは十分わかる・・・。仕事を覚えてもらえば状況は良くなるはずなので、少しの辛抱だと思って頑張ります・・・。っていうか、説明が下手なんですよね、私。説明の仕方が上手かったらもっと早く理解してもらえるんだろうなー。説明上手な人になりたい・・・。

 
ここからが本題です(長いよ!(笑))。四季の公式を見たら、あなたと『ライオンキング』の思い出をツイッターでつぶやいてくださいという企画が載っていました。ツイッターは一応登録してはあるのですがつぶやいたことはないし、いつもダラダラと書く私が短くまとめられるワケがないので(おい(笑))こちらに書いておきます。
あ、興味のある方だけ続きをどうぞ・・・(汗)。
 

★初観劇

・ライオンキングを初めて観たのは2002年でした。初めて四季のチケットを買って一人で四季劇場へ。これが私にとって初の四季観劇でした。1階上手サイドの席だったのですが、サークルオブライフで動物たちが通路を歩いて登場したのを見て、

いきなりボロ泣き状態(笑)

観ることができた嬉しさに加え、迫力のあるラフィキの歌声と、まさか通路から登場するとは思っていなかったという驚きと興奮で一気に爆発してしまいました(笑)。
今となっては懐かしい思い出ですが、あの時の純粋な気持ちはどこへ行ってしまったんだろう・・・←ちょ(笑)

★歌おう踊ろう

・LKは名古屋で2年以上やっていましたが、イベントが思い出に残っています。歌おうイベントや踊ろうイベントもありました。歌おうイベントではワンバイワンを教わり、最後に舞台で歌わせていただきました。あれは気持ち良かったー。ちなみにその時は賀山さんが2枠でした。

・踊ろうイベントで教えていただいたのは、お前の中に~(リプライズ)でした。グループ分けして結構じっくりと教えていただきましたよ。私のグループは塚下さんが担当してくれました。嬉しかったなぁ。
ちゃんと肩ブルブルや非常口のポーズもやりました。最後には舞台で踊らせていただきとても気持ち良かったですよ。あれは本当に良い思い出でした。また機会があったらぜひ踊りたいです。 ←タコ踊りだからやめれ(笑)

★韓国

・2006年秋、スンラスカーを観るために韓国へ行きました。迷いはありませんでした(痛)。でもキャストは劇場へ入るまでわからなかったのでドキドキした(笑)。
初スンラスカー、初スンラさんのハングル語、初韓国版LKということで、あれは本当に忘れられませんねー。スンラスカーが登場した時の興奮度の高さったらもう(笑)。セリフはわかりませんでしたが、心の中で日本語版に置き換えられたので全然問題ありませんでした(笑)。

・あ、あのセリフが印象に残っています。

「テーワンマモ、マンセーーー!!!」 (王様、ばんざーい!)

スンラスカーが絶叫していました。憎たらしいスカーでした(笑)。

★遅延

・最後に事件を。2004年だったと思いますが、名古屋へ観に行った時に当時ムファサ役だった新木さんが劇場へ向かう途中で事故に遭い、急きょ吉原さんが呼ばれて新幹線で名古屋入りしたということがありました。当然ですが開演時間に始められるワケがありません。劇場の外でボケーっと待つしかありませんでした。。

・待っている間にはジュースの無料配布がありました。そして1時間半ぐらい遅れてマチネ開演(この日はマチソワでした)。吉原さんは久しぶりのムファサで、しかもほぼぶっつけ本番状態だったのに見事に演じていらっしゃいました(凄)。

・幕間には浅利さんからのお詫びのメッセージが貼りだされていました。なんとその中に、「チケット代をお返しします」みたいな言葉が書いてあったのでびっくり。マジかー!最前センターの席なのにタダってラッキーすぎるーー!!・・・と大喜びした私と母。 ←図々しい客だ(笑)

・そして終演後、ロビーに出たらメインの方々が送り出しをしていました。そこで吉原さんに握手していただいたのですが、握手しながら吉原さんはすまなそうな表情で「すみませんでした」と謝っていました。いや、吉原さんは呼ばれた立場だから謝ることはないのにと思いましたが、そんな吉原さんに好感を持った私だったのでした。

・ちなみに母はハイエナトリオが好きなので、握手できて大変喜んでいました(笑)。

 

・・・こんなところですかね。他にも色々あるとは思いますが、特に印象的だったことを書いてみました。でも、「本編で感動した!」というような話じゃないですね・・・。もちろん本編は何度観ても素晴らしいです! ←フォロー(笑)
ということで、感動をいただくためにまた近いうちに行こうと思います(ちょ(笑))。

|

« カボチャ猫 | トップページ | ボール »

コメント

興味深い記事を、ありがとうございます。

わたしも、LK初見時のオープニングは、やはり衝撃的でしたね。
下手通路側に座っていたので、ゾウさん見て「凄ッ!」みたいな。
見終わった時は単に「面白かったねー」程度だった感想が、
帰宅してから超遠隔ボディーブローのようにじわじわと……。

多分、金田ムファサの美形っぷりが効いたんだと思います(苦笑)。

投稿: 春原すえ | 2010年10月 7日 (木) 06時48分

春原すえさん
通路から動物が登場すると、客席はざわざわしますよね。
あのざわざわの大きさでその日の初見の方の多さを判断しています(笑)。
私はあのLKで四季にハマって今こんなになっちゃってるので(笑)、
観たことが良かったのか悪かったのか・・・と考えることもあります(笑)。

投稿: りん | 2010年10月 8日 (金) 06時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カボチャ猫 | トップページ | ボール »