« 静岡公演 | トップページ | ソング&ダンス55ステップス2/11(名古屋・その2) »

2010年2月12日 (金)

ソング&ダンス55ステップス2/11(名古屋・その1)

時間がないです。1日48時間欲しい・・・眠い・・・。
では昨日の感想文です。薄いです(汗)。ほとんど校正していないので誤字脱字、誤情報があったらごめんなさい。。

 

★やっぱり

Sd20100211_1

Sd20100211_2

・全国公演のソンダンは初でした。新キャストもいるし、演出もどう変わっているのか楽しみでした。会館ではパンフとグッズ(全国公演用のチャームと手ぬぐい)を購入。パンフを見たら、おぉ、青シャツ爽やか青年(でも実は45歳)が大きく載っているではありませんか! ←年齢書くのやめれ(笑)
アイガット~の最後の決めポーズの写真も福岡のものでした。カマ滝さんもありました。素敵ですね(痛)。

・名古屋ではマンマやアイーダですっかりおなじみの渡辺さんですが、今回もしっかり出演されました。最初の挨拶の中で「かんかくは、観客は・・・」とかんでいましたが、まぁいいでしょう。
渡辺さんと言えばアレです。今回「星のさだめ」では途中、舞台前方中央でしゃがみますが、例のアレが。

「ポキッ」 ←膝が鳴った

やっぱり鳴った!!(笑)

・このナンバーの最後は、これまでは箱の中に二人が沈んでいきましたが、今回は箱の中に立っても下がっていきません(当たり前ですが)。どうするんだろうと思っていたら、両側から大きな四角いパネルのセットを誰かが押して閉じて終了。あ、当然ですがこのナンバーでは舞台も回っていませんでした。

・ナンバーが前後しますが、「勝利ほほえむ」の途中で満寧さんが指笛を吹いていました。福岡では鎌滝さんが吹いていましたが、これは決められた演出なのでしょうか。 ←違うと思います

★神演技

・「早く王様に~」では今回はグヨルセコンドに注目していました。満寧選手がロープで腕をグルグル巻かれてしまった状態にグヨルセコンドは
「レフェリー!!あれ!!」
と指を差して叫んでいました。そんな必死なグヨル氏を見たら、

髭の左半分が取れてぴょんとはねていた(笑)

・・・それだけ必死なのでした(違)。

・萩原レフェリーが途中でパンチをもらってしまうところがありますが、殴られた時にかけていたメガネが吹っ飛び、それと同時に倒れました。凄い。マンガかコントのようでつい「ぷ!」と笑ってしまいました。いやー、神演技だった(惚)。

・「トプシー~」では萩原さんが超おデブちゃんのメイド姿で登場したのでびっくりしてしまいました。これはドリーミングで登場していたようなので、使いまわしということですねはっきり言っちゃダメ!)。でも予想もしていなかったキャラだったので、いきなり目の前に現れて私は圧倒され、なぜか網タイツの脚ばかり見てしまいました(なぜ(笑))。ちなみに薔薇を一輪持っていました。怖かったです(笑)。

・エスメラルダのダンスの時に下手側のグヨルさんは手拍子しながら「ギャー!!」と叫んでいました。この日はあまりケモノ化していなかったけれど、やっぱり怖かった(笑)。

・「ゴッド・ヘルプ」ではセットが回らないので、「あぁそのままなんだな」と普通に思いながら見ていました。が、あの大きなセットが左右にゆらゆら揺れていることに途中で気付きました。

・・・見ていると酔いそうです(汗)

・李カジモドはよじ登るセットがないのでどうするんだろうと思っていたら、あの黒いセットが半分だけ登場してその上に立っていましたよ。
・・・低い・・・shock
クロスのペンダントが手渡しできそうです(笑)。でも李カジモドは手渡しせずにわざと腕を高く上げてそこから落としていました。うん、結構高さがあったよ!大丈夫だよ! ←誰に言ってるんだ(笑)

★凶器

・チムチム村村さんは(村が一個多い(笑))、煙突の中から登場しました。ちょっと可愛かったです。そして煙突掃除の玉をぐるんぐるん回していましたが、そのスピードがかなり速かったです。ありゃ凶器だね(こら(笑))。

・ドレミはランダムでしたねぇ。最前列センターと前方列の通路側の方が舞台に上がっていたと思います。お子さんが3人ぐらい上がっていました。舞台が狭いので、途中で俳優さんがペアになってボールを転がしたりするところでは、ボールが落ちたらどうしようと心配してしまいました。 ←大きなお世話です

・ナンバーの最後にグヨルさんが低いドの女の子を席までエスコートしましたが(最前センター中央寄りの席でした)、席に座ったその女の子に笑顔で握手したんですよ。そのコから上手側に2つ隣の席だった私はいいなーと思いながら見ていました。そしたらグヨルさんが下手に移動しながら最前列の方一人一人と丁寧に握手(笑)。ちょ、グヨルさん、今やってるのはキャッツじゃないです(笑)。
そしたら舞台上で待っている他の人たちがカチカチと棒を叩き、早く戻ってこいと急かしていましたよ。これは決められた演出なのでしょうが、グヨルさんのキャラをうまく使った演出だなぁと思いました(笑)。 ←どんなキャラなんだ(笑)

・「祖国」での渡辺さんは正座になります。もう書かなくてもいいと思いますが、書きます

「ポキッ」

やっぱり(笑)。

・李タガー。福岡でかなりはじけていたので楽しみでした。ごむ~では、

スケートを滑る動作 → 両手広げてポーズ

・・・季節ネタですね(笑)。

・カトクミさんがちょこちょこ走りで来た時は、なぜか小さく(しかし激しく)モンキーダンス(笑)。猛アピールしていましたが、そんな踊りだったのでカトクミさんは相手にしませんでした(ちょ(笑))。

・村怪人が登場する前の前奏の部分で、新庄さんと斎藤さん(だったと思う)がマントをつけてランプを持って登場し、二人でグルグル回っていました。これも全国公演仕様ですねぇ。あ、これ鎌滝さんで見てみたい。笑ってしまいそうだけど(おい!(笑))。

 

・・・長くなってしまったので、その2へ続く・・・。

|

« 静岡公演 | トップページ | ソング&ダンス55ステップス2/11(名古屋・その2) »

コメント

名古屋・膝ポキのレポ、ありがとうございます!
やはりタダちゃんと言えば膝ポキですよね。
でも、全国初日ではポキが聞こえなくて残念だったのです…。
次の府中公演では、どうか聞こえますように。
<絶対に観劇態度を間違っています
明日は地元公演のチケ発売があるので、気合い入れていきます!

投稿: 春原すえ | 2010年2月12日 (金) 22時53分

膝ポキレポばかりですみません(汗)。
席が良かったので小さな音でしたが聞き逃しませんでした(笑)。
ぜひ府中で聞いてきてくださいね(ちょ(笑))。

明日発売日でしたね。頑張ってください!
私も行きたいけれど平日や遠い場所ばかりで
ちょっと無理そうです・・・。でも一応時刻表などを調べてます(笑)。

投稿: りん | 2010年2月12日 (金) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 静岡公演 | トップページ | ソング&ダンス55ステップス2/11(名古屋・その2) »