« 生中継 | トップページ | 静岡公演 »

2010年2月10日 (水)

CFY2/7

ブログ放置すみません。やることが色々あり、しかも体調が悪くてブログを更新する元気がありませんでした。。レポ、もうだめだーーshock
・・・と書きつつ、ちょっとだけ書いておきます(汗)。
 

★あー!!

Cfy20100207

・京都以来のCFY観劇でした。敬二さんと花代さんのコンビは初だったので楽しみでした。また、この演目はアンサンブルも個性的なので楽しみでしたよ。特に気になっていたのは大塚ピートでした。それから西門ハリー。村中ハリーで見慣れていたので、どんなハリーなのか想像できなかった(笑)。その他皆さんどんな感じになっているのか楽しみでした。あ、画像ぼけてます。ごめんなさい。。

・個人的な注目点は、
大塚ピートがどのようにひなぎくを育てるのか
でした(笑)。デッドロックのシーンになり、早速ピートチェック開始(笑)。そしたら、

普通に水やりをして雑誌を読んで終了。

・・・期待しすぎたのかもしれません(汗)。 ←いや、四季的にはこれで正しいのです
でも今後に期待です(ちょ(笑))。あ、ボビーがポリーに一目惚れした時にみんなの動きが止まりますが、大塚ピートは

1回目・・・立ち上がろうとしたところで中腰のまま固まった
2回目・・・雑誌をお尻のポケットに入れたところで固まった

でした。って、だから何なんだ(笑)。つか、私はピートオタなのかも。 ←今気付いたのか(笑)

・敬二ボビーが花代ポリーにいきなりキスをした場面。その瞬間、上手側から子供が

「あーー!!」

ちょ、思いっきり叫んだ!!(笑)
そのあまりにも純粋すぎる驚き声に、客席内からつい笑いが。「くすっ」と笑うんじゃなくて、普通に皆さん爆笑してました(笑)。舞台上の俳優さんはそんな笑い声が起こっている中でも演技を続けていましたが、あれはきっとやりにくかっただろうなー・・・。だって、セリフが聞こえないんじゃないかってぐらい客席がざわざわしてましたから(笑)。

・でも、これによって客席の雰囲気は良くなったと思います。全体を通して反応がとても良かったように感じました。ということで、叫んじゃったお子さんには感謝!
・・・まぁね、びっくりしますよね、いきなりチューしちゃったんだから。。

★拾いました

・西門ハリーはお髭もなくさっぱりしたお顔のハリーでした。村中ハリーは酒場のマスターという雰囲気でしたが(私的には)、西門ハリーは

若い板前さん

みたいな感じでした(ちょ(笑))。エプロンが似合ってました。かっこよかったです。

・そんな西門ハリーは敬二ボビーにお酒の瓶をつつーっと滑らせて渡しますが、2本目が敬二さんの足元へ転がったらしく(私の席からは見えなかった)、敬二さんが拾ってカウンターの上に置きました。そして最後の1本を要求。

・・・ん?

2本目の瓶、割れてないから飲めるんじゃないか? ←それ言っちゃだめ!(笑)

★年齢不詳

・えーと、長橋パッツィーがムース、サム、ミンゴに踊りを教える時にまず笑顔を作らせますが、ワイスサム・・・

その笑顔が怖い!(笑)

あ、3人とも嬉しそうに長橋パッツィーの胸を触ってました(笑)。

・荒木ムースが敬二ボビーに「踊らなくていい」と言われて肩を落としてがっかりしますが、この時大塚ピートは
「ザングラーさんよぉ、アイツ一生懸命やってるんだからさー、なんとかしてくれよー」
と言ってました(笑)。

・また、初日の楽屋のシーンでは、厂原ビリーがプログラムを2枚?持っていたのですが、西門ハリーと大塚ピートが欲しがって、二人で引っぱっても手を離さず渡しませんでした。でも、西門ハリーが諦めたら大塚ピートに素直に渡してましたよ(笑)。ちょ、それはなぜ(笑)。

・そして、大塚ピートはそのプログラムを見始めましたが、見る時に

メガネを取っていた(笑)

ピートの年齢はいくつの設定なんだろう・・・(謎)。

★力技

・厂原ビリー、とても似合ってました。アイガットでバック宙決めてましたよ。かっこよかったー!
撃ち合いで2階の手すりから落ちる見せ場では、うまい具合に飛び跳ねて転がってました。が、最後がわずかに勢いがなく、力技でぐーっと頑張って転がりました。このパフォはきっと日々進化することでしょう。楽しみです(笑)。

・志村ザングラーは敬二ボビーと全然似てませんでした(こら)。歌はアレですが(おい!)、演技は好きです。えーと、恒川テスの腕にチューするところでは、濃厚にチュ!チュ!とやってました。
パンを食べるところでは最初のあたりで敬二さんと口が合っていませんでしたが、これもきっと日々進化することでしょう。
あ、そうだ、椅子を片手でグルグル回すところは結構必死でした(笑)。

・花代ポリーが志村ザングラーに濃厚キスをしたところでは、周囲の男性陣が口をぽかーんと開けますが、田中部長カスタスは(部長いらないから!(笑))泣きそうな顔でぽかーんとしてました(笑)。

・川原ランク、面白かったー。牧野ランクも好きですが川原さんも好きです。ホテルの看板をつぶした後、髪がないのに(こら川原さんに謝れ!)右手で頭をさらっとなでてました(笑)。
また、八重沢アイリーンは♪あなたの好みはどんな~と歌った後に、両手で川原さんのサイドの髪を上に引っぱってました(笑)。ちょ、八重沢さん、それいい!(笑)

・「Stiff Upper Lip」での大塚ピートの開脚ジャンプがかっこよかったです。高倉ミッツィーのタップも素敵でした。この曲好きだー。アゴにグーを持ってきたり肩を払ったりするようなあの踊りを以前教わったことがあるので、一緒に踊りたくなってしまいました(ダメです(笑))。

★その他

・色々思ったことを書いておきます。
この演目では高倉さんはあまり目立たなかったです(残念)。「Nice Work If You~」で、最後まで残ったガールズが最後の♪やればできるでしょ~を歌いますが、静岡などではこの方がミッツィーだったと思います(マギーかも(自信なし))。でも今回は村上ベッツィーでした(たぶん)。
そしてラストシーンで真ん中に立つ羽のおねえさん(もうちょっと別の言い方ないのか(笑))もミッツィーじゃなくてベッツィーでした。このラストでは高倉ミッツィーは上手前方に立っていました。

・フォーダー夫妻が若かった(笑)。まさかユージーンに村澤さんが来るなんてホントびっくりでした。

・今さらですが、敬二ボビーはやっぱりいいですねー。セリフの間など、ホントに絶妙でした。笑いをしっかり取ってました。
あ!!そうだ!!今回何が残念だったって、

信託物件証書を客席に投げなかったshock

これ、下手前方席の楽しみでもあるんですけどね(私の場合)。それをやめてしまったのは残念でした。。下手ソデに飛ばしてました。

・花代ポリーは怖い印象があったのですが、今回はそれほどではありませんでした。可愛かったー。歌も踊りもやっぱり上手いですね。

・最後に一言。

やっぱり畠山ミンゴはかっこいい! ←どうしても書きたかった(痛)

 

以上です。ホントまとまりのないレポですみません。。

|

« 生中継 | トップページ | 静岡公演 »

コメント

畠山ミンゴのかっこよさは反則だと思います(笑)
ユージーンにキャスティングってのが納得いきません…

オミカスタスの泣きそうなぽかーん顔で(´д`)←これを思い浮かべました(笑)

やっぱりりんさんのレポは詳しくて楽しいです(>v<)
私も観に行きたいですが…無理ですねぇ

投稿: さよ | 2010年2月11日 (木) 11時30分

畠山ミンゴかっこいいですよね。しょっちゅう見とれてました(痛)。

>オミカスタスの泣きそうなぽかーん顔で(´д`)
そんな感じです(ちょ(笑))。
田中カスタスは演技もいいし踊れるので私は好きです。

大したレポじゃないのですが、また行ったらしますね。
・・・週明けにはまたレポできると思います(え?)

投稿: りん | 2010年2月11日 (木) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生中継 | トップページ | 静岡公演 »