« 到着 | トップページ | エビータ1/30マチネ(その2) »

2010年1月31日 (日)

エビータ1/30マチネ(その1)

Mtfuji20100130

今日は家にいたのですが、やりたいことがたくさんあったのに昼寝してしまいました(ダメな人)。ということで簡易レポになってしまいそうですが、興味のある方だけどうぞ・・・。
この写真は昨日東京へ向かう新幹線から撮った富士山です。晴れていたけれどちょっと雲がかかっていて残念でした。

 

★ガオー

Evita20100130m1

Evita20100130m2

・全国公演以来の久しぶりのエビータです。と言っても2年ちょっとぶりなので、それほどでもないんですけどね。芝チェを見るのは名古屋以来なので3年ぶり。そして秋エビータと金田ペロンは初見でした。野村さんと秋さんがダブルだったので劇場へ入るまでわからなかったのですが、キャストボードの秋さんの名前を見てホッとした気持ちと残念な気持ちの両方が(苦笑)。

・今回は演出がところどころ変わっていましたね。記憶が薄れているので前回と同じだったのかもしれませんが、最初のシーンでのペロンも違ったような気が。。
そして♪さよならアルゼンチン~とエバが歌うところでは、舞台中央後方に立っておらず声のみでした。次のシーンの衣装替えの関係でしょうか。あ、登場した秋エビータの第一印象は「美しい!」でした。いやー、ホントにきれいだわ。。

・渋谷マガルディ。
♪ほしあ~~・・・(一瞬中断)・・・か~~~りの~
でした。あーびっくりした(笑)。渋谷さんのマガは結構好きですが、ちょっと可愛さがアップしてました(笑)。歌いながら手でひっかくようなジェスチャーをしていたのがどうやら可愛いと思ったようです。 ←メモに「ガオー」と書いてある(笑)
あ、そうだ、渋谷マガと秋エビータはチューしませんでしたよ。渋谷さん残念!(ちょ(笑)) 渋谷さんはチューしてなくても唇を手で拭く演技はしてました(泣)。

・昨日の日記にも書きましたが、一つ残念だったのは、芝チェがカクテルを作らなかったことです(また書くのか(笑))。「今日は何やるんだろうなー」と楽しみにしていたのに、カウンターのところに立って腕を組み、渋谷マガの歌を聴いていた芝チェ。私は「えええーー!」と心の中でショックを受けていました、って、そこまで見たかったのか(笑)。
でも、エビータ以外ほどんど誰もしっかり聴いていない渋谷マガの歌をちゃんと聴いていたから偉いな、と思いました(ちょ(笑))。

★ポイント

・アンサンブルはベテランの方から若い方まで色々な方がいらっしゃいました。菊池さん、石野さん、浜名さんあたりが揃って踊ってるのを見て、いいなーと思いましたよ。
そんな中で、深堀さんが髭を生やして帽子を被ってる姿が・・・似合わ(略) ←深堀さんごめんなさい・・・

・「グッドナイト・サンキュー~」でのプロデューサー役は田島康成さんでした(たぶん)。でもズボンのチャックからシャツが出ていなかったのが残念そこも残念ポイントなのか!(笑))。開いてるのか開いてないのかその部分の歌詞が出てくるまでわからなかったので、もっと盛大にシャツを出してもいいんじゃないかと思いました。っていうか、むしろ出してほしい(笑)。 ←変態ではありません

・あ、なかなかアンサンブルを覚えられない私ですが、田島さんと赤間さんが似ていたので途中からワケがわからなくなりました(汗)。プロデューサー役が赤間さんだったらご指摘くださいませ・・・。

・「飛躍に向かって」の芝チェ。かっこええーーーheart01 ソンダンで飛躍は聴けましたが、フルはやっぱりいいですねー。好きなナンバーです。ちなみに♪ふところは潤っているけど~のところでは、胸のあたりを2、3回ポンポンと叩いていました。
最後に歌い切って、その後クールに下手に去っていく芝チェも好きです。あ、痛いですね、スミマセン。。

★ひどい

・金田さんはオールバックでも素敵でした。背も高くかっこいい金田ペロンは美しい秋エビータとはお似合いのカップルでした。これ、野村エビータとはどうなんだろう。見てみたい(笑)。
椅子取りゲームでの金田ペロン。椅子が最後の一つになった時に、歩きながらもう一人の軍人さん(白倉さん・・・?自信なし)をめっちゃ睨んでました(笑)。

・その残り一つの椅子の座り方も私的注目ポイントだったのですが、

予想以上にお尻をつき出してニュッと座った金田ペロンにまいりました(笑)

その形でしばらく固まってましたが、その両足が微妙に内側を向いていて可愛かったので、ダブルでまいってしまいました(笑)

そんな金田ペロンが高木ミストレスをどうやって部屋から出すのかも注目ポイントでした←ポイント多いよ!(笑)
秋エバは勢いよく部屋に入り、荒っぽく部屋から追い出しました(怖)。ドアの外に立っていた金田ペロンは高木ミストレスを一瞥しただけで、部屋に入りパッとドアを閉めました。よく考えたら(よく考えなくても)、JCSではこのお二人はジーザスとマリアですよ。そう考えると、それは

ひどいじゃないか(笑) ←演目違います(笑)

・傷ついた高木ミストレスは歌います。芝チェもなぐさめるようにデュエットします。おぉ、マリアとユダが一緒に歌ってるじゃないですか。 ←だから演目違うってば(笑)
でも、最後に♪どこへ行けばいいのですか~と歌う高木マリア(違)に芝ユダ(違)はこう歌いました。

♪俺は 知らない~

うわ、こっちもひでえー!!(笑)

・・・救われない高木マリアでした・・・。 ←だから何度違うと言ったら

・「ニュー・アルゼンチーナ」では秋エビータは自分のコートを貧しい民衆の肩にかけず金田ペロンに渡していましたよ。ここも変更でしたねぇ。でも、金田ペロンは渡されたコートをどうしたらいいのかわからない感じで、くしゃくしゃのまま持ってました(ちょ(笑))。まぁそこできれいにたたまれてもアレですが(笑)。
あ、民衆の誰か(男性)が金田ペロンにガシっと抱きついてましたよ。その光景を見てJCSを思い出したのは私だけでないはず・・・あ、私だけか(汗)。

・今回は民衆が掲げる看板が日本語になってました。「賃金倍増」「労働時間短縮」「公共支出拡大」「福祉増額」など。

・・・あぁ、私も一緒に看板持って舞台に立ちたい(ちょ(笑))。

あ、でも上に書いた4つのうち、後ろの2つは税金据え置きという条件でお願いしたいと思います。 ←どこにお願いしてるんだ(笑)

 

簡易レポのつもりが無駄に長くなってしまったので、その2へ続く・・・。

|

« 到着 | トップページ | エビータ1/30マチネ(その2) »

コメント

深堀さんの髭ってアイーダでもなかったでしたっけ?
あの時はただひたすら黒髪の深堀さんに驚くばかりでしたw

それにしてもマリアに対してジーザスもユダもひどいですね(違

投稿: さよ | 2010年2月 1日 (月) 20時17分

深堀さんはアイーダよりもマンマの鼠先輩化にびっくりでした(笑)
今回は髭+帽子の組み合わせのため違和感アップでした(おい)。
・・・でも好きですよー!(フォロー)

>それにしてもマリアに対してジーザスもユダもひどいですね(違
誰か高木マリア(違)を助けてあげてください(笑)

投稿: りん | 2010年2月 2日 (火) 21時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 到着 | トップページ | エビータ1/30マチネ(その2) »