« キャッツ11/11(横浜初日・その1) | トップページ | 当たり »

2009年11月15日 (日)

キャッツ11/11(横浜初日・その2)

では続きです。こちらも内容薄いです。。

★えいえいおー

・2幕。クリューがいつもと同じように登場。と思ったら、5人揃ってリズムに合わせ、片手ずつ上げて最後は右腕を上に。まさに

「えいえいおー」

という言葉が聞こえてきそうなポーズでした(笑)。つか、その気合いにはどんな意味が・・・?「よーし、お掃除頑張るぞ!」なのでしょうか。 ←なんか違うような気がする(笑)
・・・あ、この日のクリューは全員日本人でした(珍)。

・松島ミストは浅利さんが来ているからなのかどうかわかりませんが、少しおとなしかったかも。グリドルが来た時はぽかーーーんとしてて、川東マンゴに「おーい」って感じで顔を覗きこまれてました(笑)。

★オッケー

・スキンブルナンバー。途中で雌猫たちが一列に並び片脚を上げるところがありますが、この日は一番下手にいた金平ジェミマが後ろの阿久津タガーの相手をして、やっていませんでした。これ、いつもこうでしたっけ?皆と同じように踊ってた気がしますが、変更したのでしょうか・・・(不明)。まぁどっちでもいいです私は。

・芝ヤクマンは「おらおらー」と上から降りてきて「こっちへかかってこいやー」的な挑発ポーズをとりましたが、岸スキンブルに注意されたとたん、「へいへい、すみませんねぇ~えっへっへ」みたいな気の良さそうなおじさんに変わりました。 ←おじさん言うな(笑)

・岸スキンブルの♪ボタン一つでオッケーのところで、人差し指と親指をくっつけたOKポーズを両手ともやってたのが可愛かったです。・・・いつもやってたんだろうか(不明)。

・えーと、私のメモに「コリコ 奥の下手」と残されているのですが、どのシーンのことなのかさっぱり思い出せません(笑)。 ←頼りないメモです(笑)

★叫び

・ニセデュト様は1幕で本物デュト様が登場したのと同じところから登場しました。こちらも距離が長くなったので、コケてニセだというのがばれないように気をつけていただきたいと思います(笑)。

・グヨルマキャは気合十分でした。つか、十分すぎ(笑)。叫び声多めでした(笑)。

「ダーーッハッハッハ!!」
「えいやーー!!」
「あ゛ーーっ!!」
「でいやーーっ!!」

・・・その叫びを聞いていたら、その中に「とぅーっす!」という叫びを入れてほしくなりました(こら(笑))。

・そういえば、マキャが上手寄りの通路(7,8列目あたり?)に現れたんですけど、あれってどうやって現れたんでしょう・・・?下からってことはないか・・・。バストファーさんのように後ろからそーっと来たのでしょうか(謎)。

・ミストナンバー。コリコとジェリロが魔法で固まりますが、この日は入江コリコが左を見たまま固まっていました。桧山ランパスがおいおいとやってました。

・松島ミストのクルクルは(もうちょっと別の言い方があるでしょ(笑))、中央の位置をキープしたままきれいに回っていました。最後の締めがわずかにバランスを崩したように見えましたが、くるくるくるっと3回ぐらい力強く回ってポーズをとってうまくまとめたので素晴らしかったです。
でもその後の缶キャッチが失敗・・・(泣)。これまで見てきた中で落としたのを見たのは初めてだったので、とても珍しいことでした。

★バレバレ

・握手は通路側じゃなかったので「誰とも!誰とも!」でした(アンタはマークか(笑))。友達と「仕方ないねー」と諦めてあちこちキョロキョロしていました。あ、真後ろにタガーさんとマンカスさんが座っていらっしゃいましたが、人間だったのでできませんでした。 ←当たり前だ(笑)

・でもそんながっかりしていた私たちに良い知らせが。猫たちが突然通路に降りてきて後方に走ってきたのと同時に阿久津タガーが「今日はお見送りします!」と言ったのです。客席大喜び。私たちも反射的に「えーー!!heart01と喜びました。後ろのタガーさんとマンカスさんに私たちが猫オタということがバレてしまった瞬間でした(笑)。 ←いや、最初からわかってたと思うぞ(笑)
そして急いで足元の荷物を持ちロビーに出たのですが、友達が荷物を持つ時に後ろを向いたら荒川さんと目が合い、その時の荒川さんが「良かったねー」的な優しい笑顔をしていたそうです(笑)。 ←猫オタ超バレバレ(笑)

・お見送りの様子は11月12日の日記に少し触れてありますのでそちらをどうぞ。ロビーは大混雑でした。写真撮って大丈夫なのかな?と思っていたけれど、お客さんがパシャパシャ撮っていてもスタッフさんたちが何も言わなかったので良かったようです。凄いサービスだー。ということで私も持っていたデジカメで数枚撮影しました。
後で見てみたら、桧山ランパスが浅利さんに腕をつかまれて何か話しかけられているような写真があったのですが、
浅利さんを見ている桧山ランパスの表情が真顔だったshock
ちなみに別の写真では笑顔でした(笑)。

・そういえば、この日は外にグッズ売場やクロークが設けられていたのですが、単純に招待客向けに混雑を避けるためではなくて、終演後のロビーでのパーティーのためだったんですねきっと。お見送りも。ま、いいですけどね、握手と写真で大満足でした。 ←単純です(笑)

・ついでに書きますが、私と友達は入場前にクロークへ上着と荷物を預けたのですが、そこから入口までホントにわずかな距離だったのに、男性スタッフの方が雨に濡れないように傘を私たちの上に出して一緒に歩いてくれたんですよ。
え、こんなどこから見てもただの猫オタの私たちにもそんなことをしてくれるなんて(驚)
どうしちゃったのでしょうか。変なところで妙に親切でした(笑)。

 

以上です。そんな猫横浜初日でした。んー、やっぱいいね!キャッツ楽しいね!また行かなきゃね!!(危)

|

« キャッツ11/11(横浜初日・その1) | トップページ | 当たり »

コメント

りんさんのレポ見て、あーそういうことあったなーって思い出しました。
メモも全く見ないままレポ書いたので(意味ないし(笑))、また見ながら書き足さなくてはー。
ホント楽しかったですねぇーhappy01
レポ読んでいたらまたウズウズしてきました。
そういえば後ろの席からの観劇、よく見えましたか?

投稿: とも | 2009年11月15日 (日) 21時28分

あの日は一日お疲れさまでした。ありがとうございました。
私のメモはいつも適当です。。自分で書いたものなのに、
それが何なのかわからず悩むことがよくあります(笑)
久しぶりのキャッツ楽しかったですねー。また行きましょう!
あ、視力が良くなったおかげで双眼鏡を使わなくても見えましたscissors
初裸眼キャッツでした(笑)

投稿: りん | 2009年11月17日 (火) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キャッツ11/11(横浜初日・その1) | トップページ | 当たり »