« 眼鏡生活 | トップページ | コーラスライン10/29ソワレ »

2009年11月 3日 (火)

アイーダ10/29(1000回)

良い天気だったのにどこにも出かけなかった眼鏡女です。遊びに来た姪と甥の相手をしました。元気すぎて困った(笑)。それから、今後の遠征のための交通手段を確保したり今週末の宿泊先を探したりしていましたよ。1日に四季のチケット代の引き落としがあり口座の残高が寂しくなってしまったけれど、今度は交通費やら宿泊費やらで大変です(汗)。観劇やめたらお金貯まるんだろうなー・・・。

昨日はミッチーの会報が来ました。大晦日のいつものヤツが今年もあるということで、楽しみですよ(行く気満々です)。今年はどんなコスプレで登場するのか楽しみです。ガンダム30周年祭で着たガンダムのガルマを生で見たいけれど、過去にシャアでガンダム歌っているからなぁ・・・。
つか、ガルマのコスプレでお台場の等身大ガンダムを見に行った写真が会報に載っていたけど、ミッチーその格好で行ったのか・・・しかもプライベートで(笑)。

ここからは四季ネタに戻りますが、アイーダ1000回公演のレポを。今さらという感じですみません(いつもですね)。しかも薄いです(きっぱり)。残されたメモの言葉を見ながら思い出して書きます。。

★ピンクのふわふわ

Aida1000th_20091029 ・前回公演地の名古屋で1000回を観られずに終わってしまったという残念な気持ちもあり、この1000回は絶対観たいと思って仕事を休んで行ってきました。そしてこの記念すべき公演で新ラダメスを見ることができました。金田ラダメスが見られるなんて嬉しいーー。見る前から素敵ラダメスに違いないと確信していました。

・♪いざ進もう~と歌いながら登場した金田ラダ。登場した瞬間に

恋におちた。 ←早い!(笑)

アイーダより先に好きになってしまいました、ごめんなさい(ちょ(笑))。
「だって、素敵なんだもんーheart01と、マジョリンのようなピンクのふわふわ状態になりました(笑)。

・金田ラダは予想どおりかっこよかったです。いや、予想以上でした。背が高くてかっこよくて素敵ラダメスでしたよ。セリフはほとんど訛りがなかったです。知らない方は日本人だと思ったことでしょう。そして声量があって安定感のある歌声も良かったです。あ、歌いながらやる手の仕草が何となくゲッセマネっぽいなところが金田ジー好きにはたまらないと思います(笑)。これで最後が生き埋めじゃなくて鞭打ちと十字架だったら(違)

★サバンナからエジプトへ

・この日からアンサンブルの男性1枠が黒川さんになりました。てっきり川東さんだと思っていたのでびっくり。でも初見だったので楽しみでした。
砒素係は黒川さんでした。あぁ、つい2週間前までティモンだったのに、こんな悪いことをする人になってしまうとは・・・(笑)。
このシーンでの飯野ゾーザーの「まだな」のセリフを聞くたびに大塚ゾーザーの「ま゛だな゛!」が恋しくなる私なのでした(笑)。でもこの日の飯野さんも結構「ま゛だな゛!」でしたよ。 ←何言ってるのかわからないよ!(笑)

・五東アムネは「お洒落は~」のナンバーに入る前に手をパンパン!と叩いてから「さあみんな」とセリフを言ってました。ここで手を叩くのを初めて見ましたが、最近はそうなんでしょうか・・・って、どうでもいいですね。。

・初日ではファッションショーの衣装をちゃんと見ていなかったので、今回は順番やキャストもしっかり見てきました(汗)。グリーンの方(小笠2枠)の頭の部分にはピラミッドが3つ重なったようなものと、その左右に計3本の木が立っているようなものをつけていて、イメージとしてはオアシスでした。

★覗き

・砒素を飲まされた前田ファラオが「う゛ー!」と苦しみ出したので急いで運ばれましたが、その時に男性の誰かが「早くしろ!医者はまだか!」と叫んでいました。そんな、今苦しんだばかりなのに「まだか」って無理だ(笑)。

・この後のシーンだったと思いますが、飯野ゾーザーがいきなりガラガラ声になったのでびっくりしました。痰が絡んだのでしょうか(おい(笑))。この後ちゃんと戻っていたのでホッ。

・アムネリスの寝室でのシーン。金田ラダは五東アムネの手を握りながら「9年も婚約・・・」と言いますが、その時握りながら左手の指で優しくトントンとやってました。あーーやられてみたいなそれーー! ←暴走危険客(笑)

・濱田アイーダが部屋を出ていくところを金田ラダメスが「お前が正しいとわかったんだ」と言って引きとめますが、その時金田ラダはあの格子のような壁の穴から覗きながら濱田アイーダに向かって言ってたのが可愛かったです(笑)。いや、そこ覗かなくても!とつい心の中でツッコミを入れてしまった私なのでした(笑)。
その後に濱田さんが「自分の非を、みと、認める男なんて・・・」と珍しくセリフをかんでしまったのですが、あれはそんな金田ラダメスに動揺したからかもしれません(笑)。

・「迷いつつ」の金田ラダメス。濱田アイーダへのお尻タッチは結構激しかったです(笑)。つか、その、真ん中あたりに持っていった指はちょっと(危)。でも良かったです。←いいんだ(笑)
また、その後にヌビアの王が捕まったことを知った金田ラダは、「はぁー」と嬉しそうに小さく声を漏らし・・・そのまま少し固まってました(笑)。喜び方は人それぞれです(笑)。

・1幕最後の「神が愛する~」のナンバーでは、初日は濱田アイーダが床をバンバン叩いた後に手をパンパン叩いていましたが、この日は床を3回バンバンバンと叩いただけでした。音は控えめでした。

★濁点

・金田ラダメスは将軍様ということで、当然のことながら力強く言うセリフがいくつもあります。金田さんと言えば、「ごの゛ がわ゛ぎ・・・」みたいな濁点怖ジーが印象的ですが、ラダメスでもそうでした。

「ごれ゛がら゛も゛ずっと!」
「げっごん゛はしない!」

みたいな感じでした(笑)。でも素敵なのでいいです。 ←ピンクのふわふわ女(痛)

・ラストのシーンでは、周囲からすすり泣く声が結構聞こえてきました。アイーダとラダメスが抱き合った時に濱田アイーダは泣いていたようで鼻をすすってました。金田ラダは「え゛ーえ゛んに゛」と言ってました。

・2幕のレポがほとんどなくてすみません。上に書いた以外にメモに残っていた言葉は「黒いティモン」だけしかなかったのです・・・。←これをどうしろと(笑)

★特別カテコ

・通常のカテコの後に一旦幕が下り、再び上がったら舞台中央に「アイーダ 1000回 2009.10.29」という文字が書かれたボードが置いてあり、キャストの皆さんがその左右に立っていました。そして飯野さんから挨拶が。必死にメモってきましたが、公式に映像があるのでそちらを見てください(こら(笑))。
映像は端折ってありますが、「2003年の大阪初演以来87万人のお客様と感動を分かち合ってきました。6年の旅の末、東京にやって来ました」みたいなことも話していました(メモのため正確ではないです)。

・お客さんはスタンディングオベーションとなっていました。なかなか拍手が止まず、何度も幕が開いて嬉しそうに俳優さんたちが出てきてくれました。濱田さんが感極まっていたので私も泣けた。。金田さんはジーザスの時のように口パクで「ありがとうございました」などと何度も言ってました。
あ、手を振りながらソデにはける時に金田さんが濱田さんの腰に手を回していましたが、前から回していた時があって、それがまた何か自然でホントに素敵でたまりませんでした(惚)。 ←この人どうにかしてください(笑)

 

以上です。初日ではアンサンブルの判別が完璧ではなかったのですが、この日で判別ができました。杏奈さんが入っていたので判り易かったー。でも今度観る時にアンサンブルが変わっていたら、また判らなくなる可能性大です(苦笑)。
観劇当日の日記にも書きましたが、帰る時に出口でガーベラをいただきました。トイレに飾ってありますが、まだ花は元気です。でも途中で曲がっています(汗)。

|

« 眼鏡生活 | トップページ | コーラスライン10/29ソワレ »

コメント

晩餐会退席時の「医者はまだか」は判りませんでしたが、
「陛下、わたしにお掴まりください!」的な台詞は田井さんです(笑)。
金田ラダメスの指でトントン……やってましたねー。思い出しました。
目の前で見ながら、心の中で「うきゃー☆」とか叫んでましたワタシ。
格好良かったですねえ〜。

投稿: 春原すえ | 2009年11月 5日 (木) 19時00分

>「陛下、わたしにお掴まりください!」的な台詞は田井さんです(笑)。
そんなことを言ってたのですね。前方席だと色々聞こえますよね(笑)。

金田ラダの指トントン、春原さんも覚えてましたか!
>目の前で見ながら、心の中で「うきゃー☆」とか叫んでましたワタシ。
私も同じ気持ちでしたよー(笑)。かっこよかったですね!

投稿: りん | 2009年11月 6日 (金) 00時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 眼鏡生活 | トップページ | コーラスライン10/29ソワレ »