« 7年連続 | トップページ | 訂正 »

2009年6月27日 (土)

JCSエルサレム6/21(ソングセミナー)

昨日は残業でした。蕁麻疹については大丈夫でした。このまま今日と明日も出ませんようにー(祈)。
では家を出る前に一つでも更新しようと思います。オフステも乗せたいのですが、今からは無理です・・・スミマセン。。急いでいるので誤字脱字が多いと思いますが、大目に見てやってくださいませ。。

★使徒増員

・舞台終演後に参加者はロビーで待っていました。友達と立ったまま話していたのですが、途中で気づきました。近くに以前十二使徒で出演したことのある俳優さんが普通に立って同じように待っていたのでびっくりでしたよ。ぱっと見た感じでは四季オタ男子でした(笑)。待っていたということは、本編を見ただけでなくイベントにも参加したのかなぁ?一緒に行った友達と「ちょ、なんでいるの!」と心の中でつっこんでいました(笑)。もし普通にイベントで歌ってたとしたら、後で俳優さんたちにも「なんでオマエが参加してるんだよ!」と言われたことでしょう(笑)。

・今回の参加者は300人ぐらいだと思います。客席入場時に楽譜が渡され、その紙には「THE LAST SUPPER」と書かれていました。うぉー、マジっすか!!うーれーしーいー!!shine
席に着きイベントスタート。オーヴァーチュアが流れ、阿川さんの声が。こんなことを話していました。あ、いつものようにメラメラと速記してましたが、話した言葉そのままではないです。。

「私たちは今エルサレムの荒野に立っています。2000年前に起こった最後の7日間の中でも印象的な最後の晩餐の現場に立っています。レオナルド・ダ・ヴィンチの絵画で有名な最後の晩餐ですが、前日の木曜日の晩に使徒と夕食の席で起こったことを描いています。
聖書では3つの重要な場面を示しています。一つは、ワインとパンは私の血と体だと言った場面です。生き延びる裏切り予告でありますが、聖書では永遠に同伴者でいたいと書いてあります。
二つ目は、ユダとペテロの裏切りを予告しています。最初の弟子であり、リーダー的なペテロに対して、ニワトリが鳴くまでに3度私を知らないと言うだろうと予告しています。
三つ目は、これからすべきことを伝える場面です。ペテロに対して、立ち直ったら兄弟たちを力づけてあげなさい。そして他の弟子たちには財布や袋(荷物)を身につけて、剣を買いなさい、と伝えています。
使徒たちはどこまで理解していたでしょうか?ペテロ、ヤコブ、シモンや他の人たちにより近づいていただきたいと思います。お一人お一人が十二使徒です。このイベントで身近に感じる足がかりになっていただければと思います」

・ここで司会の佐藤さんが登場。白いTシャツ(ラメのイラスト入り)にシャツをはおり、薄いピンクのパンツでした。おー、お洒落メガネ男子だーーshine
そして指導してくれる俳優さんたちも登場。かなりの大人数です。15、6人はいたような・・・。「自己紹介しますが、一人一人拍手すると手が腫れるので、終わってからまとめてでお願いします」と佐藤さんが言ってくれました。
俳優さんたちは群衆の格好とメイクのままでしたが、こうやって並んでいるのを見ると・・・手島さんの顔全体が灰色で「そこまで汚すか!」って感じでした(笑)。

★ロック!

・いよいよ歌のレッスンがスタート。楽譜には1番から3番が書かれていて、まず1番の説明から入りました。ユホンさんが「1番は昨日や一昨日と同じ夜で、純粋な気持ちで歌っています。聖歌隊のように美しい声で歌います」と説明し、佐藤さんは「ソプラノのように歌ってほしいです」と言っていました。
まず見本としてアカペラで俳優さんたちが歌ってくれましたよ。うーん、素敵。そしてお客さんが歌いました(音は小島さんがとってくれました)。いやぁー、いいです。楽しい!

・ここからお客さんの練習。佐藤さんは「高くて苦しいかもしれませんが、苦しい時こそ酔う。リラックスさせて空気に乗せるように」と説明。そしてリズムの取り方について、「♪苦しみも辛さもみな~は、うんとこどっこいよっこいせ~みたいにならずに(笑)。一応アンドリューロイドウェバーの曲でロックなので(笑)。十二使徒がエルサレムへ行かれるのでロックで。裏(拍)を感じるよう心がけてください。表になりそうな自分をこらえて・・・ロック、ロック!ロック!!」のような指導をしました。
そして歌った後に「裏だと、ちょっとこっちのほうが楽しくありませんか?裏を忘れないように歌ってください」と指導がありました。

・次に2番。飯田さんが説明しました。
「1番と2番の間にジーザスをユダの喧嘩のやり取りがありますが、見てわからないんです。理解できないぐらい楽観的な使徒たちなんです。十二使徒はイエスの教えを広めるため、イエスを信じて頑張っていこうと、本編ではたくましく歌っています」
・・・そうなんだ、楽観的なんだ・・・。

・ここで立って歌いましょうということになり、立ちました。ということで、ここからメモを取っていません。。ここからは私のいい加減な記憶のみで書くので、かなり怪しいです。。 ←こら!(汗)
2番は1番よりもアップテンポでした。「ジーザスを呼ぶぐらいの声で歌いましょう」と言われたので、でかい声で歌いましたよ(迷惑)。つか、そんなことを言うってことは出るってことなのか?期待しちゃうじゃないかーshine
すべて歌詞は1番から3番まで同じなので、途中で「紙を見ずに前を向いて歌いましょう」みたいなことを言われ、やはり調子に乗って前を向いてでかい声で歌いました(笑)。あー気持ちいい。

・3番は赤瀬さんが説明。「ユダと使徒3人が去っていきましたが、ここでも大丈夫だよね、それでもまた明日には戻ってくるよね、と思って歌っています」のようなことを言っていました。そうなんですねー。でも実際はそうじゃなかったんですねー・・・。
3番はハモる部分があるので、佐藤さんが「上のメロディーを歌いたい人」「下のハモるほうをやりたい人」と聞き、それぞれ好きなほうを選びました。私は上のパートに。そしてパートごとに練習し後半は合わせて歌いましたが、これがきれいでしたよー。
ということで、3番も特に問題なく終了。

★新ジーユダ

・いよいよ実際の曲を流して通してやることになりました。しかしこの曲、間にジーザスやユダの歌が入ります。どうするのかな、飛ばすのかなと思っていたら、佐藤さんが「無茶振りですけど」と言い、ジーザスに飯田さん、ユダにユホンさんを指名しました。「僕らでいいんですか?」と言うユホンさんに客席からは拍手。
ということで、飯田ジー、ユホンユダが誕生しました!・・・格好はペテロとシモンだけど(笑)。うわ、超楽しみーー!!

・さて練習です。でも私たちの歌の練習はどうでもよくて(こら(笑))2人の歌に注目です(笑)。2人は舞台に上がり、上手と下手に離れて本番のジーユダのようには演技せず、その場で歌いました。いやー、もうどうせなら演技もやってほしかったなぁ。

・♪三度もペテロは私を知らぬといい~のところでは「自分ペテロじゃねーか!」というツッコミをつい入れたくなりました(笑)。
飯田ジー、いい声でしたよ。♪ゆけ すぐにさーーれーーー!!もきれいな高音でした。そしてユホンユダも♪その手に余ることをしなければーー!も迫力大だったし、最後の♪あーあああーーーああああああーーー!!も熱唱でした。ユホンユダは飯田ジーに向けて手を広げ足をがに股に広げていて、雰囲気はいつも見ているシモンという感じでしたが(笑)、歌はしっかり熱いユダでした。
いやぁー、2人ともかっこよかったーheart01 貴重なものを見させていただきました。歌い終わったら2人に大拍手でしたよ。しかし無茶振りと言いながら、これ絶対に練習してるなー(笑)。あそこまで堂々と(しかも上手く)歌うのは、いきなりはきっと無理だ・・・。ホントかっこいいジーユダでしたshineこれ見られただけでも参加したかいがありましたよ。

★ありえない

・しかし、更に凄いことが。ここまでは練習でいよいよ最後の本番となりました。照明が落ち、阿川さんのナレーション(ユダはたったの銀貨30枚で裏切った、みたいなことだった)が入る中、目の前に現れたのは・・・

ス ン ラ ユ ダ だ !!

「やばいやばいやばいやばい・・・」と小声で連呼してしまいました。どーしよー!!
で、銀貨を掴んだポーズになり、♪やったぞユダ~さすがだユダ~の部分が流れ、銀貨を握りしめたまま倒れるスンラユダ。おー、ここからやってくれるのですかー!つか、マジ演技じゃないですかー!!うぉぉぉーーー!!!大興奮の客!!!(私)

・そして下手奥からは金田ジー。来た来たぁー、こっちも本物!気づいてね足音を立て、スンラユダがばっと起きたところで・・・

素人コーラススタート。

・・・こんなところで歌っちゃっていいのですか(大恐縮)。この光景はありえないです。何かの夢ですこれは。
私はスンラさんが登場した時点から感激して泣きそうになっていましたが(痛)、いざ歌い始めたら泣けてしまい、声が震えてしっかり歌えませんでした。大好きなシーンで本物のジーユダが目の前で演じていて、そこで歌えるなんて・・・ねぇ。ないでしょ。ありえないでしょ。夢ですよこれはきっと。

・その後もジーユダの歌が続きます。客も含めた使徒たちは客席なので、金田ジーはしっかり客席側を見て歌ってくれましたよ。おぉ幸せ。2人は演技もやってました。で、何がびっくりって、♪一人は私を見捨てるだろう~と金田ジーが歌った時にスンラユダはバッと起き上がるのですが、

頬に涙が。

すげー!!途中からなのに、しかもただのソングセミナーなのに本気演技だーー!!
・・・と感動したのと同時に、
ほんっっっとに申し訳ない・・・・・・。
という気持ちも。。スンラさん凄いわ・・・。

・そんなジーユダの本気演技に負けじと、客席通路にいた使徒たちもちゃんともめてました(笑)。おー、やってるやってる(笑)。

・その後本番同様スンラユダは金田ジーに突進し、ふっ飛ばされました。そこで入る
素人の歌。
いやホント申し訳ない・・・。マジでありえんわ。自分が歌う目の前で本気演技ですよ。。私はまた感激して泣きながら歌っていました。

・2番が終わっても2人の本気演技は続きます。それを立ったまま見守る即席使徒。あぁ不思議(汗)。
あ、スンラユダが最後に去っていく時、ユダ派の3人は客席に降りていたので1人で走っていったのがちょっと寂しかったです(笑)。
そして最後に3番を静かにハモりながら歌い、晩餐ナンバーが終わりました。客席からは大拍手。

・ここで金田さんとスンラさんが再び登場。客席は2人に拍手。金田さんに「どうでしたか?」と聞いたら「感動して涙が出そうになりました」と。また、スンラさんに「メッセージを」と言ったら真面目に「皆さんと尊い時間を過ごすことができて感謝します」などと話していました(もっと長かったけれど忘れてしまいました・・・)。ついさっきまで本気ユダモードだったので、まだ抜けておらずニコニコなスンラさんではなかったですねぇ。

・そして2人が退場。舞台後方へ並んで歩いていきましたが、スンラさんは金田さんの背中に手を回し、仲良く歩いていったのが可愛らしかったです(笑)。
他の俳優さんたちも舞台上に戻り、挨拶をしてはけていきました。・・・こうして見てみると、私服だったのは阿川さんと佐藤さんしかいない・・・(笑)。本番後なのに舞台の格好とメイクでやってくれて少しでもお客さんを使徒の雰囲気にしようとしてくださった皆さんには本当に感謝。凄く楽しかったーー。悔いなし!!

 

以上です。40分の予定のイベントだったけれど、実際は1時間以上やっていたと思います。中身の濃いイベントでした。ホサナも良かったけれど、晩餐が歌えたことは本当に嬉しかったなぁ・・・。またやってほしいです!3年後ぐらいに再演してほしいなーー。。

|

« 7年連続 | トップページ | 訂正 »

コメント

イベント楽しかったですねー!
色々、ビックリやら嬉しいやら楽しいやらで…私、ぶっ壊れちゃってました…。(笑)

今回のJCS、全国公演から大阪公演まで、けっこう通いました…。(遠いのに)
勉強会も楽しかったです。
今後しばらく上演しないらしいですけど、また早くやってほしいですね。

投稿: うどん | 2009年6月27日 (土) 15時07分

うどんさん、先日は遠くからお疲れさまでした!!
サプライズが多くて楽しい旅になりましたねshine

私も今回のJCSはかなりたくさん通ってしまいました(笑)。
勉強会楽しかったですね。良い思い出です。
またいつか(できれば早く)再演してほしいと願っています。
それまで貯金を・・・と一瞬考えましたが、無理です私には(汗)。
またどこかでお会いしましょう!・・・次は横浜かな?

投稿: りん | 2009年6月28日 (日) 02時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7年連続 | トップページ | 訂正 »