« JCSエルサレム6/13(バックステージツアー)その1 | トップページ | ソング&ダンス55ステップス6/14 »

2009年6月16日 (火)

JCSエルサレム6/13(バックステージツアー)その2

ここからは質問コーナーの内容です。

★すっぽん

・まず舞台監督の笠原さんからJCSの歴史のようなものについて説明がありました。
JCSは最初は海外でショービジネス的に行われていたので、歌舞伎のような日本風にしてヒッピースタイルにしようと考えたのですが、奇抜すぎて成功とは言えなかったそうです。そこでリアルさを追求しようということになり、ジャポ初演の1973年の3年後にエルサレムバージョン(当時はドラマティックバージョンと呼んでいた)を上演したそうです。

・セットはまず布を敷いて液状スポンジで起伏をつけたけれど、つやがあるのでつや消しのためにカンナくずを使ったとのこと。そして色を塗ったけれどやはりつやがあるため、貝の粉末をつけたりコルク粉をつけて質感を出したそうです。
最初の頃はセット前方に置かれた岩は本物の石を使っていたこともあったとのこと。うわ、それ怖いなーsweat01

・マイクについては最初はコードのついたハンドマイクを使い、コンサートの雰囲気でかっこよかったとのことです。1987年からワイヤレスマイクになったそうです。

・ここからは現在のセットについて。前方からユダの自殺穴までの傾斜は4度だそうです。ここで舞監さんはその自殺穴のことを

ユダのすっぽん

と呼んでました(笑)。そう呼ばれているそうです。へぇーーーー。
で、そこから上の傾斜は45度で、一番高い所の高さは4mだそうです。これは怖い。
でも転がってみたいーー! ←だから無理なんだってば!(笑)

・色については背景さん(と聞こえました)がスプレーで茶色を吹き、赤などの色をバケツを持って撒きます(バラ振りと呼ぶそうです)。血のりについては毎日拭き取る作業があるとのこと。

・床山さん(カツラ担当)の話になり、床山さんはジーザスの傷も作っているんですよーみたいなことを言ったところで、いきなり「ジャーンnotesと言って服の腕をまくったら、腕に鞭打ちの傷がくっついていた(笑)。舞監さん、とても嬉しそうだ(笑)。下手寄りの位置で話していたので、上手側に移動してそちらのお客さんにも見せてました(笑)。

★ネタバレ

ここからようやく質問コーナーです。以下、質問と答えですが、いつものようにメモが追いつかず実際に話した言葉そのままではないので、ご了承ください。。

・磔でジーザスが落ちない工夫をしているか?
「手にU字パーツをつけてそこに両手を乗っけています。足も釘のついたゴムの輪っかを使って血のりをつけています」
・・・それ言っちゃっていいのかなぁ・・・ま、いいんだろうな・・・。

・傾斜舞台の目的や効果は?
「奥行き感が出ます。上部は曲線になっていて地平線みたいな感じを出しています。そしてまるで丘の上から駆けてくるような演出をしています」
(俳優さんは足腰が丈夫なんですね、というような客席からの言葉に)
「スタッフがダメですねー(笑)。仕込みに来たスタッフは翌日筋肉痛になります(笑)」

・ラストシーンが変わった?
(これは14日の日記に書きましたのでそちらをご覧くださいませsweat01

・(変更前のラストシーンで)最後に出てくる人は誰か?
「老人です。最初にジーザスが手を握ってた人です。とってつけたようになってますが、ホントですよ(笑)」
へぇーーー!これはびっくりでした。

・四季に入ったきっかけは?
「僕ですか?学生の頃にコンサートに行って、それが合ってたんです。で、大道具をやろうと専門学校に行き舞台関係を勉強しました。先生に四季の舞台監督と知り合いが多い方がいて、秋のユタで初めてやって、異国の秋初日をやったりしました。バイトだったんですが、その流れで入って今7年目です。24,25ぐらいから舞監をやるようになりました。・・・照れくさいですね(笑)」

・最初のシーンで暗い中で群衆はポジションを取っているが、練習あるのみ?
「ズルしてます(笑)。(ここでスタッフに蓄光テープのついた板を持ってこさせる) 蓄光テープを小さく貼っています。石の裏に貼ってます。後ろの階段には全部貼ってあり、どこの滑走路かっていう感じです(笑)。また、ソデでは赤の目印(ペンライトのようなもの)をスタッフが振って(これも現物を見せてくれた)、これに向かえば安全だよ、と知らせます」

・美女と野獣で、最後に人間になるところが見えないが、どうなっている?
「僕BBを福岡で1回しか見たことないです(笑)。僕も知りたいです(笑)」
・・・ちょ、JCSのイベントでBBの質問ってアリか!?

・カテコはどうやって打ち合わせをしているか?
「公演委員会があって、みんなで話し合います。ここはメイン3人で、とか、拍手が切れるからここはみんなで、などと考えます。ソデでスタッフが次はこれですよ、と教えます。フェードインどうぞ、とか」

・自殺の穴はいつ開けるのか?
「あれは床がそのまま下がります。下でユダが降りた後にまた床を上げます」

 

・・・ここで時間が来たのでイベントは終了。時計を見たら19時40分頃で、ちょうど1時間ぐらいのイベントでした。俳優さんは出なかったのですが、舞台裏が見られたし舞監さんの話も裏話的な内容ばかりだったので、参加して良かったです。
・・・あぁ、鳥かご持って売ってみたい! ←だーかーらー、無理!(笑)

|

« JCSエルサレム6/13(バックステージツアー)その1 | トップページ | ソング&ダンス55ステップス6/14 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JCSエルサレム6/13(バックステージツアー)その1 | トップページ | ソング&ダンス55ステップス6/14 »