« JCSエルサレム6/13(バックステージツアー)その2 | トップページ | プロ »

2009年6月18日 (木)

ソング&ダンス55ステップス6/14

今日は仕事でプリンタの調子が悪く、男性陣がイライラしてました。梅雨の湿気のせいで紙がうまく送れず何度もエラーになりました・・・あ、私の職場だけだったりして。。ま、そんなことはどうでもいいですね。
では14日のレポです。今回は長いですsweat01

★おなじみ

55nagoya20090614 ・楽しませていただいた名古屋ソンダンもこの日がマイ楽です。今回は行けなくなった友達の代わりに母を連れていくことにしました。途中で舞台に上がる曲があると説明したら、「上がりたくない、上がる席なら行かない」と言っていたので「大丈夫、それはないから」と言って連れていきました。

・今回のヴォーカル男性1枠は渡辺さんでした。アイーダ、マンマの名古屋公演に出演されていた渡辺さんはすっかり名古屋のお客さんにおなじみの方ですねぇ(いいのか悪いのか)。阿久津さんはかなりインパクトがあって楽しかったので、渡辺さんがどう歌うのか楽しみなような怖いような(こら)。
最初の♪ようこそ~劇場へ~は村さんでした。あ、パートが変わってるぞ。歌の順番は村さん→李さん→渡辺さんでした。村さんの歌声は渋くて良かったですよーshine

・久しぶりの渡辺ラダメス登場。もうどんな将軍様だったのか忘れかけていたのですが、思い出しました(笑)。最後に智恵アイーダと箱の中に入り沈みながら顔を上げて「あー」というような形の口を開け、手を上げて沈んでいきましたよ。なんていうか、そんなところが渡辺さんらしいというか(笑)。
ちなみに後ろから智恵さんが手を出して握り合うところで渡辺さんは座りますが、お約束の膝ポキは聞こえませんでした(ちょっと残念(笑))。きっと音が大きかったからなのでしょう。 ←鳴っていると決め付けるな(笑)

・「早く王様に~」はセコンドに敬二さん。反対側のグヨルさんは試合を見ながら必死に自分もパンチしています(笑)。敬二さんが前田さんの練習の相手をする時に、軽やかにジャンプして下手側から登場してきました。軽いなぁー。
踊りも軽やかでした。さすが。2幕のバリ舞踊での姿も一緒に踊っているグヨルさんや満寧さんに負けないぐらいの筋肉質な体でした。ちなみに菊池さんは仮面をつけていても「あ、このプヨり具合は菊池さんだ」とわかってしまいました(こら)。

★青担当

・敬二さんがトプシーで壁歩き担当となったので、青ヅラは菊池さん→神谷さん、ピンクドレスは神谷さん→斎藤さんに。神谷さんと斎藤さん、普通でした(笑)。いや、普通じゃないんだけど、違和感がなかったです。でも神谷さんは細すぎるのか、上半身の服にゆとりがあって、気になるのか途中で上げてました。
つか、もうね、何度も見ると満寧さんとかね、全然普通なんですよね(笑)。いますよねこういう人←いるのか?(笑)

・前回観た時も赤ヅラはグヨルさんでしたが、最初に中央に集まる時に「んふっheart01という表情で胸をぐいっと上げてて、自分の格好を楽しんでいる様子です(笑)。朱涛さんに負けないぐらいキモくて可愛いです・・・あ、でも優勝者を選ぶとしたらやっぱり朱さんですね、って、あれは何かのコンテストなのか(笑)。

・ナンバー中スカートを両手で軽く持ち上げて移動したりしているのですが、赤グヨルさんは
やっぱり小指が立っていた(笑)
神谷さんもちょっと小指が立っていましたが、やはり自然にそうなっちゃうのでしょうか(笑)。

・渡辺さんは全体的に無難にこなしているという印象でしたが、李カジモドが登場してその顔を見た渡辺さん、

「うわっ!あっ、あーーっ!」

声でかっ!(笑) その声に私がびっくりしたじゃないか!(笑)

・トプシーが終わって皆がはけていく時にオレンジ松島さんを見たら、服を半分脱いで頭を掻きながら去っていきました(笑)。

★まさか

・ドレミになりました。この日は最前列最下手の2席だったのですが、最前センターはお子さんもいたりして連れ去りがダメそうな方は見た感じではいなかったので、これなら大丈夫だと思って母と安心して見ていました。
そして泉さんがドの棒を持って客席に降りてきました。そしたら、こちらに向かって歩いてくるではありませんか。え!?と思いつつ、私の隣(通路側)の女性だろうなーとまだ安心していたら、その方をスルー。え!私なの!?と思って焦ったら、まさかの展開が起こりましたよ。私もスルーし、

笑顔で棒を母に差し出す泉さん(笑)

ちょ、待て、それはまずい!!娘(私)は必死で(この人ダメなんですsweat01)とアピールするために手を横に振り拒否(ごめんなさい・・・)。そして私が代わりに棒を受け取ったのでした。
・・・はい、またドレミっちゃいました。 ←完全予定外
しかしあまりにも出来すぎたハプニングですね・・・(苦笑)。そして、まさか母の目の前で舞台に上がりドレミ棒を叩くことになろうとは。。

・低いドだったので、最初に智恵さんが私の肩に触り真横でニコーっとしてくださいました。おぉ、感動。そしてこんな私の相手をしてくださった泉さんがですねぇ、

メチャ可愛かったーーー!!

あのくりっとした目でニコニコしてリズムに合わせて「もう いっ かいshineと口パクで言ってくれましたよ。かーわーいーい!!こりゃ男だったらたまらないね!恋に落ちるね!(残念ながら私は女)

・途中で舞台後方に連れていかれる時にお客さんは鍵盤のセットの後ろ側を下手から上手へ歩き、高いドの向こう側を回り鍵盤の前に出てそれぞれの音の位置に座るのですが、鍵盤の後ろを上手方向に歩いていた時に、上手ソデで待機している敬二さんの姿が。私たちのほうを見てニコニコしながら両手のシンバルをこちらに向けて上下していました。こんなちょっとした瞬間でも気を遣ってくれるなんて嬉しいなぁー。

・緊張しながらもなんとか最後まで叩き、無事終了。帰りのエスコートはグヨルさんでした。まままマジですかーー!!嬉しすぎるじゃないですか!(痛) グヨルさんは背中に手を回し、エスコートしてくださいましたよ。真横にはグヨルさんの笑顔ですよ。こんなことがあっていいのでしょうか。信じられないーー(壊)。
そんな脳内お花畑状態の危険な人間(私)を連れ、グヨルさんが向かおうとした先は

別の方の席。

ちょ、そこ違うからーー!(笑) 焦ってグヨルさんに「いや、あっちですsweat01」と目と指で伝えたら「あっsweat01と苦笑い(笑)。さすがグヨルさんですね(どういう意味ですか(笑))。くそー、そんなところも素敵すぎるじゃねーか!!(惚) ←完全に壊れてます(笑)

★シロナルド

・2幕最初の「夢を配る」は渡辺さんではなく李さんが歌いました。この際だから渡辺さんの色々な姿を見てみたかったような気もするので、いいのか悪いのか。。
ここからは三木先生のナンバーがしっとりと続きますが、その中で「アレキサンダーズ~」が入り華やかな雰囲気になります。そこでは敬二さんと高倉さんがペアになって踊るところがありますが、黒いスーツの敬二さんはベルナルドのようです。でも黒くないベルナルドです。シロナルドです。
・・・適当すぎる言葉に自分でも泣ける・・・・・shock
高倉さんと踊っているとジェットとシャークが仲良くなって良かったね、という気持ちになります。 ←これも適当すぎる。。

・「祖国」で渡辺さんが正座しますが、膝ポキは聞こえませんでした・・・←どうしても聞きたいのか(笑)

・この日の李タガーは須田さんがちょこちょこ来て去っていった時に、その後姿に向かって同じようにちょこちょこ移動のマネをしたので客席から笑いが起こっていました(笑)。

★ナベショー

・2幕後半は渡辺さんが活躍です。ナベチェです。

♪は~るか そらっをーー!
♪強いお゛どごーー!

顔は真面目なのに声だけテンション高めです(笑)。

さて!誰が残る~

そこ強調なのか!つか、「さて」の声が高い高い!!(笑)

・そして注目のスーパースター。で、出た、ナベユダ登場!正・オン・ザ・ミラーボール!! ←なぜそんなにテンション高いんだよ私(笑)

♪大見得きっ↑たか

そこで急に上げるとは。。予測不可能ユダです(笑)。阿久津ユダは華があるのに♪名高いあなたのはりつ↑けぇ~↓は が寺田バージョンなのがツボだったんですけど、このナベユダは真面目顔のままでいきなり飛び攻撃なので大変びっくりします(笑)。

・ラスト。さて、ナベユダはどう歌いきるんでしょうか。

♪ジーーーザーーーーーーース!!!

両手を広げて十字架ポーズ!!そしてジャン!という音と同時に

頭ぶらららーーん。

ちょ!それ、ジーザス!!!ナベジー!!!(笑)
ごめんなさい、つい「ぷ!」と笑ってしまいました。完全に反則技だからそれは!(笑)
・・・あー、凄かったなぁ・・・。

・「アイガット~」からカテコまで客席も盛り上がり、カテコでの拍手はいつもよりも長く続きました。握手は須田さんと。 「ありがとうございましたーshineと爽やかに言いながら手を出してくれて私も母もニコニコでしたよ。須田さんいいですよねー。
そして敬二さんは一番最初に舞台に戻ってみんなを呼ぶのですが、こちらまで来て握手してくれました。嬉しかったー。最後に神谷さんが下手壁側通路から舞台に戻ってくる時にハイタッチしてくれて、こちらも嬉しかったです。

 

以上です。最後まで読んでくださりありがとうございました(疲れたことでしょう・・・sweat02)。
母はソンダン2と3を観ているのですが、今回のソンダンも楽しかったようで、帰ってから何度も「良かった、楽しかった」と言って喜んでいました。連れていって良かったー。あ、いきなりドレミ棒を差し出されたのにはとてもびっくりしたらしいけど(笑)。
私のドレミはどうだったのか聞いたら「緊張してたね」と言われました。えぇ、顔が思いっきり引きつっていましたよ(汗)。もしご覧になっている方がいらっしゃいましたら、見苦しい姿をお見せしてしまいすみませんでした。。。

ちなみにソンダン3ではスンラさんがお客さん一人を選んで(客席に座ったままで)手を叩かせるという演出があったのですが、母と一緒に観た時に母が選ばれていました(笑)。母には俳優さんを呼び寄せる何かを持っているんだろうか・・・(謎)。

|

« JCSエルサレム6/13(バックステージツアー)その2 | トップページ | プロ »

コメント

こんばんは。
楽しいレポありがとうございました~。
ドレミ、おめでとうございます^^
お母様!絶対何か持っておられるのでは。
(やりたくない。と思う気に俳優さんが惹かれてしまうとか(笑))。
ソンダン、やっぱり楽しいですよねー。

ナベユダ…まだ未見ですが、
今度の観劇で見てしまうことになるのかしら!?
予測不可能ユダとは!なんか、笑ってしまいそうで怖いです。
そして、大阪エルサ見る者にとっては、複雑。。。
阿久津さん。戻ってきて欲しいです;

投稿: chiki | 2009年6月18日 (木) 23時33分

chikiさん
長いレポで失礼しました。。楽しいと言っていただき嬉しいです。
あれから母とドレミの話になるたびに「あれはびっくりした」と言います(笑)。
静岡に四季が結構来るようになったので母との遠征は減りましたが、
またどこかへ連れていきたいと思います。

渡辺さんの1枠はリピーターなら一度見てもいいかもしれません。
心の中でツッコミを入れてしまう部分が多いです(笑)。
ナベユダは目が笑っていませんが、歌声はノリノリでしたよ(笑)。
貴重なものを見させていただきました。

投稿: りん | 2009年6月20日 (土) 08時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JCSエルサレム6/13(バックステージツアー)その2 | トップページ | プロ »