« JCSジャポネスク4/30(オフステージトーク・その1) | トップページ | 最後の五反田 »

2009年5月 1日 (金)

JCSジャポネスク4/30(オフステージトーク・その2)

その2で無理矢理終わらせます。。

★まだまだ語る男

・ユダのナンバーで難しいのは?

スンラ「すべてですね。すべてのナンバーの言霊・・・。悩みぬいたとはどんな悩みなのか。哀れな人・・・(このあたり色々と話していましたが書き留められませんでしたsweat02
怖いぐらいに震えながらコンスタントにやれるように努めながらやっています。ウソをつけない。ごまかせない。すべてです」

・金森さんにとっての見所は?

スンラ「自分自身です。お客さんは自分の命、役者は・・・(ここ不明)。命の哀れさ、尊さを感じて現代の自分を見つめ直す。1ヶ月で3千人自殺者がいるそうです。平和に見える日本だけど、ごまかしのきく社会の中で目を逸らしたくなる場面もあるけど、自分の命の尊さを見つめていただければ、と思います」
(ここで客席から拍手)

★揃いました

・中身の濃いお話でした。スンラさん、真面目な方です。穏やかな口調だけど熱かったー。客席も静かに話に聞き入っていました。
さて、次の俳優さんです。ここまで来たら最後はあの人でしょ!と期待しましたよ。そして流れた曲は「スーパースター」
・・・ん!?引き続きスンラさんか!?(違)
そう思ったけれど(ウソ)、出てきたのは金田さんでした。やっぱり来たーーheart01 高木さんとスンラさんで金田さんの手を取っていました。おぉ、私服カーテンコール(笑)。

・金田さんはバーバリーのような(たぶんバーバリーの)チェックのシャツにグレーっぽいカーディガン、そしてジーンズでした。背が高いです。爽やかです。隣でニコニコしているスンラさんが人の良さそうなおじさんに見えます(こら!)。いや、スンラさんも凄く素敵なんですけどね、その素敵の種類が違うんですよね(二人とも誉めてます)。

・それにしてもイベントで3人揃うのは珍しいような。。
佐藤「3人揃ったのは珍しいです」
スンラ「必ず1人だった」
佐藤「名古屋のために。・・・僕名古屋出身なんです(笑)」

・・・えー、ここからはまた同じように質問と答えです。

・初めてジーザスの役をやることになった時の気持ちは?

金田「聖書の人物を表現するのは難しいです。本番に臨む前に、人物に近づけるように神様に祈っています」
佐藤「演出家から言われていることは、祈りを持って臨めと。そう言われています」

・ジーザスのナンバーで難しいのは?

金田「ゲッセマネですね。この曲によってその日の舞台が最後までうまくいけるかどうか決まる、と僕は思います」
スンラ「十字架にかけられる使命を受けて神と対話する。ユダを裏切らせることや、神との対話が難しいんでしょうね(このあたりもメモ取れず意味不明・・・)」

・舞台の見所は?

金田「十字架に架けられている時です。そのためにやってきたから。お客さんが自分の命を見つめてほしいですね」
佐藤「7日間で役者が積み立てていってるところですね。どーんとなる感じですが、これがテーマなんですね。避けて通れない。・・・今日の話は僕もためになりました(笑)」

★目・鼻・口

・ここからは事前にお客さんに出してもらった質問に答えるという形式に。以下、質問と答えです。

・メイクで苦労するところは?

高木「白塗りですね。歌舞伎油が命です。油が乗らないとメイクがそこだけ乗らないんですよね」
佐藤「そうですよね。そこだけ取れちゃうんですよね。僕は油ギッシュです」 ←ちょ(笑)
金田「目を描く時。ダメだったら怖くなるから、真剣に描いてます」
スンラ「・・・・・・・祈りを込めて(笑)。上手にやろうとするんじゃなくて、祈って、目!鼻!口!って←何だその気合系は(笑)
佐藤「金森さんは指派ですね」
スンラ「指で

・・・ここでぜひともワンフィンガーかツーフィンガーか聞いてほしかった!!!(笑)

・名古屋で好きなところは?

高木「ひつまぶし。美味しくて、もーー」
佐藤「僕、美味しい所知ってるんでぜひ」
高木「はい」
佐藤「断られたらどうしようと思った(笑)」

・普段思わず声に出してしまうセリフは?

金田「(ここで舞台でのことを言い始めた金田さん)」
スンラ「普段(金田さんは)、♪なーぜ、なーぜ、って。自分で治せーって(笑)」
金田「普段の生活でやっとかないと・・・(この後メモできなかった)」

・緊張することはある?

スンラ「緊張したことは最近はないです。過去には何かやろう、上手にやろうと思うと緊張しました。居て捨てて語るという言葉があって、自分を捨ててかっこつけない。役より自分が勝つと緊張して伝わらないです。大事に言葉を伝える。・・・真面目過ぎますか?(笑)」

・エルサレムとジャポネスクの演技で苦労した点は?

スンラ「ジャポネスクは内に内に掘り下げる。すり足もそうです。エルサレムは(セットが)本当に広いんですよ。石もどきがいっぱいあって、擦り傷が多いです。ストレートにやりやすいのはエルサレムで、何かを感じてもらうのはジャポネスクですね。・・・ま、そんな感じで(笑)」
佐藤「擦った時にチッとして焼けるのはジャポネスクで、エルサレムはグキっていった時に捻挫するんですよ(笑)」
金田「引きずりが全然違います」

★最後まで語る男

・質問コーナーはここで終了。プレゼントコーナーになりました。前回渡した物と同じで、チラシにラミネート加工をして出演者のサインが入ったものがプレゼントでした。今回は3人が2枚ずつ引いて、6名にプレゼント。しかし1枚だけ引いた席が空席だった。。佐藤さんは
「いない?俺自分で(この賞品)使っていい?」 ←こら!(笑)
あ、ちゃんと引き直して6名決めて、当たった方は3人から直接いただいていました。いいなー。

・最後に一人ずつお客さんにメッセージ。佐藤さんは
「ではメッセージをお願いします。おねえさんから
・・・普段もそう呼んでいるのでしょうか(笑)。

・高木さんは「お忙しい中ありがとうございます。全身全霊でやりますので、時間があったらまた来てください」みたいなことを話していました。じぇんしんじぇんれいになっていたけど、まぁいいです。
金田さんは「舞台にみんな命をかけてます。また来てください」のような言葉でした。

・そしてスンラさんはやっぱり最後も語ります(笑)。
「まだまだ続きますが、終わったら当分できません。ミーティングでも言うんですけど、1回1回自分を見つめられるのは(この舞台以外に)ないから、と。瞬間を皆さんと過ごしたいです。あと1週間なんですが、自分たちは命をかけてます。悲しいかな、赤いシートが見えます。一人でも多くの方に来ていただきたいです。5月9日までの大切な作品、ぜひぜひまたいらしてくださることを祈りながら、ありがとうございました」

スンラさんらしい締め方でした。

★行くぞー!

・ここで普通に終わるのかと思った瞬間にホサナが流れ出し、大八の後ろから白Tシャツの軍団が「わー!!」と入ってきました。おぉ!十二使徒だ!!(笑) しかも前回着ていたあの12Tシャツだ!!(笑) スンラさんはぐるっと回りながら彼らから逃げていたけれど、

そのメチャメチャ楽しそうな顔ったら(笑)。

もうね、鬼ごっこ状態(笑)。

・金田さんと高木さんは普通に皆から手を取られ、客席に降りて下手側通路を通って帰っていきました。スンラさんもその後に手を取られ上手通路から帰っていきました。スンラさん担当の人たちを見たら、

ユダ派3人+上出さん

・・・やっぱり上出さんはユダ派になりたいんだ(笑)。スンラさんはその4人に対して
「行くぞぉー!」とグーにした手を上げて楽しそうな顔で上手扉へ走って去っていきました。・・・さっきまでの熱い語りは一体・・・(笑)

・そんなやり取りを舞台に一人残って見ていた佐藤さんはスンラさんに向かって

胸の前で小さく手を振っていた(笑)。

そんな佐藤さんがこう言いました。
「僕一人残ったんで、今度のイベントは司祭を・・・。あ、歌わないですよ」
客席からは聴きたいという拍手が。
「僕の持ちナンバーって、♪恐ろしいヤツ~ですから(笑)。今度のオフステージもまだまだ盛りだくさんで・・・」

と、ここで下手ソデから出てきた白ジャージ(に緑ライン)男が。・・・ワイスさんだ!!(笑)

「よっ!」

ちょ!ワイスさんー!(笑)

「迎えにきたよ!」

・・・何だこの陽気なパーマの人は(こら!)。
最後にワイスさんから次回オフステの話がありました。
「5月4日は5人組+αと熱い会議を開こうと思います。ぜひお越しください」
そして佐藤さんから「ありがとうございました」と締めて、二人仲良くソデにはけてイベントは終了したのでしたー。

 

以上です。長くてスミマセン。。しかも意味がわからない文章です。。あぁ私にこれ以上早く書ける能力があれば・・・(無理)。
今回は真面目トークでしたが、3人と佐藤さんのJCSに対する思いを聞くことができて良いイベントだったと思いました。次回は悪い人たちの会議ですかぁ。楽しみです。って、また行くのかよ!(笑)

|

« JCSジャポネスク4/30(オフステージトーク・その1) | トップページ | 最後の五反田 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JCSジャポネスク4/30(オフステージトーク・その1) | トップページ | 最後の五反田 »