« 時間がない1日 | トップページ | 前半戦終了 »

2008年12月22日 (月)

ライオンキング(東京)12/20(開幕10周年)

ブログが放置気味でスミマセン。。疲れています。しかも今日は飲み会でした。
このままだとレポがたまる一方なので、少しずつ書いていかねば。とりあえずLK10周年からですー。興味のある方はどうぞ。

★祝10周年!

・一つの演目を同じ場所で10年上演し続けるというのは、やはり凄いことです。それだけLKは持っているパワーが強く、多くの人を感動させ、愛されている演目ということなのでしょう。私も四季にはまるきっかけになったのが四季劇場でのLKでした。動物たちが通路から入場しただけで号泣した、まだ純粋だったあの頃の私(笑)。いつからこんなアホみたいなレポを書くような人になってしまったんだろう(笑)。
この日の席は最前列センターの下手通路側でした。チケット予約の時に神が降りてきて奇跡が起こりました。しかし先日のJCSチケ予約ではやなジーも金田ジーも降りてきませんでした(泣)。

Lk20081220 ・これはロビーの壁です。この下の木の幹に「10th ANNIVERSARY TOKYO THE LION KING」と描かれていました。海外のカンパニーからのお祝いメッセージVTRがモニターで流れていたり、写真と共にサイン入りパネルが飾られていたりしました。すごーい。しかしロビーは大混雑でゆっくり見る余裕がなかった。。

Lk10th・入口で記念品(チャーム)をいただきました。私はティモンでした。
・・・また四季グッズ入れに大事にしまいます。。

 

・いよいよ舞台が始まりました。通路から動物たちが登場してきた時にはいつもより大きな拍手が。客席内全体がこの日をお祝いしようという暖かい雰囲気に包まれていて、それに感動して泣きそうになった私はただの涙もろい人なのでしょうか(きっとそうだ(笑))。

・プライドロックの上には芝ムファサと麗子サラビ。このコンビは1月に観た福岡以来です。麗子サラビが見られて嬉しいー。美しいですね、やっぱり。

★初スカー

・道口スカーをようやく拝見することができました。道口さんはどんな役でも上手く演じる方ですねぇ。低い声で悪を演じていました。欲を言えばもっと突き抜けちゃってほしい感もありますが(いやスンラスカーが突き抜けすぎなんだ(笑))、全体的には満足。また見たいと思うスカーでした。

・横になった状態で上手から登場し、あくびをしながら伸びをするところでは両手を前に出してひらひらさせていて、伸びているのに手首はリラックスという高度な伸びのやり方でした。
「覚悟しろ」ではそれほど動作はなかったです(いや、だからスンラスカーが動きすぎなんだ(笑))。下で踊っているハイエナたちを見て「よしよしいい子だ」的な、子供を見守る先生のような感じでしたよ。あ、♪罠にかけるぞ!!は迫力がありました。
・・・っていうかですね、あのハイエナダンスの10枠(前田さん)のアクロがかっこよかったんですけど、あれは他の人もいつもそうでしたっけ・・・?記憶障害(というか、スンラスカーばかり見ていた私)なのでお許しください。。

★どうでもいいですが

・芝ムファサはこの日も素敵パパでした。でもシンバとナラを助けるシーンで刀を持って両腕を広げて走ってくる芝ムファサは鬼のようでした(こら)。「くうーーっ!!」と叫びながら大塚バンザイのお尻に攻撃していました。

・その後の「お前のなかに~」のナンバーに入る前のシーンで、腕を2回グルグルと回してから「ほっん~~~~、うんっ」と言いながらシンバを抱きかかえていました(メモによる)。その時シンバも芝ムファサと同じタイミングで腕をグルグル回していたけど、あれって他のムファサもあんなだったっけ・・・?(記憶障害なのでお許しください)

・芝ムファサは♪マメラ~と歌った後に
パチパチパチパチパチ!!
と、高速まばたきを5回していましたよ。あれは何だったんでしょう。って、どうでもいいですね。。

・芝ムファサが峡谷で道口スカーに突き落とされた時、バランス的に体が横になっておらず、微妙に足のほうが下だったんですよ。で、地面でなんと
1回立った。
・・・その後に横になりました。両足複雑骨折ですよ(笑)。ってか、なぜそんなバランスだったんだろう。。芝さんって下半身が重いのでしょうか?ってこれもどうでもいいですねホントに。スミマセン。。。

・で、芝さんは横になる時におそらく体の位置を合わせたことと思われますが・・・少し足がはみ出ていた(笑)。雌ライオンたちにさりげなくじりじりっと押されて動かされていました(笑)。ちなみにお腹は最後まで上下上下してました(笑)。

★その他

・熊本ナラも久しぶりでした。喉が本調子じゃなかったように感じたのですが、どうなんでしょうか。♪旅立つわ~の高音がかすれていました。
あ、「生きているエサ」と言いながら中嶋ティモンを見る熊本ナラの目線ビームが怖かったです(笑)。

・センターバレエは片山さんと間尾さんでした。マキャとカッサが半裸で笑顔で踊っていましたよ。タンブルが猛烈に嫉妬ですよこりゃ。って演目違うから!(笑) 爽やかカップルでした。

・田中シンバも久しぶりに観ましたが、良かったー。力強い歌声でした。「終わりなき夜」は気持ちが入った熱唱で聴き入っちゃいましたよ。良かったです。

・この日は招待客が多かったのですが、一般客はリピーターばかりだったようで、ナンバーごとの拍手が大きかったですねぇ。ヤングシンバ退場のところでは大きな拍手が起こり、替わって田中シンバが登場した時の拍手も大きかった。中嶋ティモンの川ジャンプも拍手が大きかったし、チャールストンでも手拍子が大きかったです。
・・・あ、それから幕間のトイレダッシュも激しかった(笑)。

★特別カテコ

・大盛り上がりで本編が終わり、特別カテコへ。上手にライトが当たったので見たら、上手前方扉から光川ラフィキが登場し、♪なーーんつぃんごんにゃ~と歌い始めました。客席からは大きな拍手。そして「サークルオブライフ」の演奏が始まりました。
おぉーと喜んでいたら、次に下手前方扉から芝ムファサと麗子サラビが手を取って登場。うわー、来たーー!!そして私の横の通路に来て♪生きる喜び~と歌いましたよ。うわわ、幸せすぎるーheart01

・その後も次々とキャストが現れ、舞台上と通路に立って歌っていきました。舞台上では太陽が上がる代わりに「2008.12.20 10th ライオンキング」というような幕が。客席はずっと拍手しながら見ていました。そして通路にいたキャストの方々が舞台に上がり、ナンバーが終了しました。

・ここで芝さんの挨拶があり、これで終わるのかと思ったら「ここでスペシャルゲストが・・・」と。LKを作曲したティムライスさんが紹介され、客席から舞台に上がっていきました。あー、この人がティムライスさんなんだー。・・・幕間で普通にロビーにいらっしゃったのですが、「外人さんも来ているんだー」ぐらいにしか思わなかった私。 こら、ティムライスさんに全力で謝れ!(大反省)

・通訳さんを介して挨拶されました。その中での発言。

「アサリファン、アサリファン」

・・・心の中で激しくウケた(笑)。 ←こら、ティムライスさんにもう一度謝れ!!

・これで終わるのかと思ったら、次にLKが開幕した1998年12月20日生まれのお子さんたちが舞台に登場。あぁそんな企画あったねぇ(こら)。私はその企画を聞いた時に「そんなピンポイントの募集をしちゃって、果たして応募する人っているんだろうか?」と思ったのですが、なんと12人いましたよ。びっくり。
で、ここで強制的に「ハッピーバースデイ」の合唱です(笑)。
♪ハッピーバースデイ ディア 10年 ハッピーバースデイ トゥ ライオンキーング
と歌っていました(最後字余り(笑))。

・これで特別カテコは終了。その後は客席からの拍手で何度か出てきてくれました。先日のめちゃイケで前田キリンさんが長時間いるのが辛そうだったので、「キリンズ頑張れ!」と心の中で応援していた私なのでした(笑)。

 

以上です。私は過去LKの記念日に3回行きましたが、今回はやはり特別な感じがしました。これから先、どこまで続くのでしょうか。これからも多くの人を感動させていくんでしょうねー。私も観ていきたいです。

|

« 時間がない1日 | トップページ | 前半戦終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 時間がない1日 | トップページ | 前半戦終了 »