« JCSジャポネスク11/14静岡(オフステ) | トップページ | 研修 »

2008年11月19日 (水)

賀山祭り

今日は寒かったですねーーー。まだ職場に暖房を入れられないので、寒さと戦いながら仕事をしていました。。あぁ、スカートにするんじゃなかった・・・。途中から我慢できず、上に作業着を羽織ってコーディネート無視状態でした(笑)。

さて、今日の夕方ですが、浜松のFMに賀山さんと高木さんが出ましたー。私は仕事中なのでタイマー録音して帰宅後に聴きました。自宅はギリギリ聴ける所で、雑音が入っていましたが聴けるレベルだったので良かったー。
ということで、簡単に内容を書いておきます(かなり話を省略しています)。

★やいのやいの

・ホサナ(金田ジー)が流れ、スタート。パーソナリティは小川さんという女性の方で、賀山さんと高木さんを紹介しました。まず、この曲は?という質問から。賀山さんは
「ホサナと言って、ジーザスがエルサレムに入場してくる時に、みんながやいのやいのと盛り上がっているシーンです」
と。おー、賀山さんがしゃべってるー(おい(笑))。

・四季に入ったきっかけについて聞かれました。賀山さんは大学1年の時にオペラ座を観て、「こんなもの日本でやってたんだ!ってびっくりしました。イナカもんなもんで(笑)」と(笑)。「で、大学出てから、よしやるで!と・・・」だそうです。
高木さんは友達から劇団四季を教えてもらい、調べたら自分に合ってると思ったそうです。朝早く来て掃除をしたりして、自分はだらける傾向があるのでもっと厳しくやってほしいと思って・・・とのこと。
それを聞いた賀山さんは「凄いですねー。僕はそういうのはあんまり・・・」
そんな正直な賀山さんが好きだ(笑)。

・セリフはどれぐらいの期間で覚えますか?という質問には、賀山さんは「セリフだけなら10日とか2週間とか。そこから役作りをします。フリを覚えたりとかは10日ぐらいで、まだ覚えてないと「何やってんだコラ!」みたいな(笑)」と言ってました。高木さんもセリフを覚えるのは早いそうです。

・努力していることは?とか体力トレーニングはしているか?という質問がありました。発声練習をしているという話で賀山さん、
「母音法と言って、なんか、あの、あいうえおいうえおあうえおあい・・・
ちょ、賀山さん面白いぞ!(笑) あ、ちなみに賀山さんは腹筋などをしているそうです。

・高木さんは「健康にいい物は食べます。睡眠を取る。それからストレスが溜まらないように、本番がないときは役を捨てて友達とわいわいしゃべったり美味しい物を食べたりします」と話しました。そしたら小川さんが
「やはり気持ちの切り替えって大事ですもんねーー」
と。この言葉を聞いてスンラさんの顔が浮かんだ(笑)。これはスンラさんがゲストだったら言えないだろうなー(苦笑)。引きずりまくりだもんなぁ。

★鷲掴みするぜ!

・ストーリーや自分の役についての説明をした後、一旦ニュースなどが入りました。まだ続くんだー。ここで約14分。あれ?四季公式には10分って書いてなかったっけ?タイマーは前後に長めに設定しておいたけど、ちゃんと最後まで入ってるのかなー・・・といきなり心配になった。。。

・後半はまず見所の説明から。賀山さんは「ジャポネスクバージョンの舞台装置と演出。これは見てまずびっくりみたいな。え、そうなの?って。それから、それぞれの群衆の心理が変わってしまうことのドラマティックなところを楽しんでいただきたいです」と話していました。

・アドリブはあるんですか?という質問になり、賀山さんは「基本的に禁止なんですよ(笑)。完璧を目指してそれを出します。思いつきでなんかやるとすっげー怒られるんですよ(笑)。(やったことは)もちろんないんですけど。間違いはあるんで修整はしますけど、アドリブはないですねー」と。

・浜松公演への意気込みとしては賀山さんは「浜松の街がすごくキレイで第一印象がいいので、皆さんの心を鷲掴みするべく全身全霊で望みたいです」と話していました。また、高木さんは「ぜひご覧になってほしいなと思います」と話していました。
小川さんが「こうやってお二人が話をしているのとどう違うのか気になります」と話したら、
賀山「ちょっと違いますね」
高木「全然違いますね」
小川「このまま出ていたらね、変ですもんね(笑)」
そりゃそうだ(笑)。でも賀山さんがこのテンションでペテロやってたら、それはそれで心を鷲掴みにされてしまうと思う(笑)。

・最後にリスナーへのメッセージ。賀山さんは「最高の舞台を・・・さい、最高の舞台を作りたいと思います・・・2回言ってしまいましたが(笑)、ぜひぜひ・・・ぜひいらしてください。お待ちしております」
ちょ、「ぜひ」が3回だし、噛んでるし(笑)。また、高木さんは「劇場でお待ちしております。皆さんぜひご覧になってください」と言っていました。そんなコメントに対して小川さんは「ぜひぜひぜひぜひ頑張ってください」と4回返し(笑)。

・そして小川さんが「今日は劇団四季の賀山祐介さんと、高木・・・(プチッ!!)
ここで録音終了(笑)。なんて凄いタイミングなんだ(笑)。ラッキーでした。ということで、総出演時間は約20分。結構長かったですねぇ。聴けて良かったーshineつか、賀山さんがいっぱいしゃべっていて、なんか凄い満足感だ(笑)。

あ、そうだ。トークの後ろにはホサナだけではなく、私はイエスが~(高木マリア)が流れ、その次にスーパースターも流れましたよ。スンラユダでした。これ、去年京都のラジオで流したものと同じなのかな?と思って二人のトークの後ろの音に集中して聴いていたら、
♪ジーザス、ジーザスジーザス、スーパースター
・・・ん?違う。別のだ。これは今年のジャポバージョンなのかな?聴けて嬉しいーheart01
ちなみに、放送中3回ぐらいフルで流れてましたよ。あぁぜひCD出してほしいなー。できることならやなジーのが欲しい・・・(涙)。

|

« JCSジャポネスク11/14静岡(オフステ) | トップページ | 研修 »

コメント

友人と連絡がつかなかったので、
りんさんがこうやってレポしてくださってうれしい限りですー!
賀山さん、結構カミカミですね。本編ではかまないのに。
(台詞がほとんどないですが)

投稿: さよ | 2008年11月20日 (木) 23時34分

本当はもっとたくさんお話されていたので短くて申し訳ないのですが、
少しでも様子が伝われば嬉しいです。
突然開口発声を始めた時にはびっくりしました(笑)。
賀山さんは今日のオフステの司会をしていましたが、
スムーズにトークが進んでいましたよ。
とても素敵な方だと思いましたwink

投稿: りん | 2008年11月21日 (金) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JCSジャポネスク11/14静岡(オフステ) | トップページ | 研修 »