« JCSジャポネスク11/16静岡 | トップページ | 賀山祭り »

2008年11月18日 (火)

JCSジャポネスク11/14静岡(オフステ)

★鞭打ちのムチ打ち

・今回のオフステに参加したお客さんは100人ぐらいだと思います。席に着いたら早速始まりました。今回出席された俳優さんは、阿川さん(司会進行)、高木さん、濱村さん、赤瀬さんの4人。最前列の前に椅子が用意されてそこに座り進められました。自己紹介の時に赤瀬さんが「鞭を打っています」と言ったら阿川さんは「鞭は気持ちいいですか」みたいに聞いて(なんか危ない感じだなー(笑))、「そうでもないですねー。でも最初の頃は自分が鞭打たれたみたいに体が痛くなりました」と。打ってる人が痛くなっていたのか(笑)。

・自己紹介をしたらいきなり質問コーナーへ。事前に書いて出した紙を箱から阿川さんが引いて俳優さんが答えるといった形で進められました。以下質問と答えです。なお、必死でメモを取っていたので(周りの方スミマセン・・・)概ね内容は合っていると思いますが、実際の言葉とは違っています。。

・テンプルのシーンで白蛇が売れていない。売れる物と売れない物があるが、打ち合わせをしているか?
濱村「日によって売ったり買ったりする物が違います。私は団扇を売っていますが、最近売れています。白蛇はあまり買う人がいないですね」
阿川「気持ち悪いですからねー←ちょ(笑)
赤瀬「白蛇は買わないです。持ってウロウロすると大変なので、考えて買わないです」
阿川「打ち合わせはありません。その場の感覚を大事にしています」
・・・そして翌日以降、お客さんによる白蛇チェックが始まったのでした(笑)。

・参考に読んだ本は?
赤瀬「イエスの生涯は大体みんな読みます。僕は聖書を読みました」
濱村「遠藤周作のイエスを愛した女たちです。ジーザスの周りはどんな女性がいたのか勉強しました」 ←後で検索したらそのタイトルの本がなかったので、遠藤周作であるならおそらくイエスに邂った女たちかも・・・。
高木「聖書です。日曜日に教会へ行って歌ったりしています」
阿川「聖書の謎を解くですね。ジーザス文庫にあって、感銘を受けました。・・・ちょっと持ってきますね。その間つないでもらっていいですか?と言って場を去る阿川さん(笑))」
濱村「映画ではパッションベン・ハーです。観て当時の様子を勉強しました」
阿川(すぐに戻ってきて本を2冊見せる)「これはやさしいユダヤ教Q&Aです。生活様式など勉強になります」
・・・ジーザス文庫って舞台の近くに置いてあるんだろうか。。どんな本があるのか見てみたいなぁ。

★それは、誰だろう?

・大酒呑みは誰?
阿川「でしたら、濱村さんですね(笑)」
濱村「よく飲んでます。東北では日本酒が美味しかったです」
阿川「僕はたしなむ程度です。高木さんは?」
高木「あまり・・・。ビールや梅酒が好きです」
赤瀬「あまり飲まないです。食事しながらちょっと飲む程度」
阿川「健康的な飲み方ですよね。札幌ではビール園に行ったんですが、7杯飲んだ人がいます。誰かは言いませんが」
・・・おい、7杯って誰よ!?(笑)そしてこの後飲みながら3人で考えた結果、芝さんだろうという結論になりました(笑)。理由は言えません(笑)。

・シモンのナンバーが始まる前のラッパの音は何か具体的なことと関連しているか?
阿川「ローマ兵が鳴らした音で、その音を聞くと辛いことやこれまでされた仕打ちなどを連想するので、群衆があのように反応していると思っています」
濱村「いつ略奪や暴行をされるか、また奴隷として連れて行かれるんじゃないか、というローマ兵への恐怖があります」

・舞台メイクをしていますが、きれいな肌を保つテクニックは?
高木「卵パックをやります。やり方は黄身と白身を分けて白身だけ顔に塗り、クレンジングします。そして洗います。その後黄身を顔に塗ってパックにしてまた洗います。これが安くて凄くいいんです。今は旅だからできませんが・・・。あとはヨーグルトパック。これもおススメですね」
濱村「落とすのを大事にしています。ストレスを溜めないことですね。お酒を飲んで解消します(笑)」

・外人の俳優さんが多いが、日本人のコミュニケーションは取れている?
赤瀬「取れていると思います。日本語で解るまで教えます」
阿川「高木さんは日本語上手くなったよね。ギャグわかるしね(笑)」
高木「若い人が多いので、私も頑張らなきゃと思ってます」
確かに高木さんは去年のイベント時よりも上手くなっていましたよ。そしてとても可愛かったです。帽子とメガネが似合っていました。

・最初のシーンで群衆が下手側に手を伸ばしますが、あの意味は?
赤瀬「ジーザスが3人助けて奇跡を起こしたので彼こそメシアだと思い、そんなジーザスを見ている時に光を感じてこれは神からのメッセージだ、と思っている。僕はそう受け取っています」

★仕掛けなしです

・十字架から落ちないようにするため磔の装置はどうなっている?
阿川「あれは乗ってるだけですね。手は・・・あ、言っていいのかな?どうでしょう・・・(営業さんを見る)あ、×だそうです。ホントに釘で打ってることにしてください(笑)」
ちょ!(笑)

・キャストが変わった時に相手の演じ方が変わって負担がかかると思うが、どう対応しているか?
高木「まず相手というより自分がしっかり演じるようにします。自分を捨てて嘘のない芝居をします。相手によるんじゃなくて、自分が集中します。人が変わるのも面白さだと思います」
阿川「変わることによって新鮮さを感じることもありますね」
濱村「スンラさん・・・あ、金森さんは芝さんと違うので、前回と違う心の動きができます。自分を捨てると相手が変わっても受け止められます」

・ここで時間が来たので質問は終了。最後に抽選で出演者のサイン入りパンフのプレゼントが10名にありました。知り合いの方が見事当たったので見せていただいたら、金田さん、高木さん、阿川さん、スンラさんのサインが自分の役の写真の上に書いてありました。おぉーーこれは凄いー!!羨ましいー。金田さんは本名で韓国語で書いてありました。でも写真はやなジーだった(柳瀬さーーん・・・(涙))。高木さんは日本語で愛がなんとかかんとかっていうメッセージつき(内容忘れました・・・)。そしてスンラさんは金森勝の名前のサインと「生かされている 感謝・・・・」の文字が。でも感謝の文字が急いで書いたのか何なのかわかりませんがメラメラです(言うな)。スンラさんの直筆は珍しいのでしばらく見ていたら、いつの間にかロビーに残っていた客は私たちだけになっていた(汗)。しかも私は気づかなかったけれど、近くを飯田さんが通ったらしく私たちに笑顔でお辞儀してくれたらしい。どんだけパンフに見とれてたんだよ私(笑)。

 

以上です。平日ソワレ後のイベントだったけれど、内容が濃くJCSに関しての知識も深めることができたので参加して良かったです。そして私と友達は3人で青葉横丁へ静岡おでんを食べに行き、盛り上がったのでしたー。

|

« JCSジャポネスク11/16静岡 | トップページ | 賀山祭り »

コメント

濱村さんまた大酒呑み言われてw
確か全国は3回目だか4回目だか(←新潟で言っていました)なので、
かなり全国のお酒を呑んでいるんですねw

札幌のビール園、やっぱりSAPPOROなんですかね。
劇場の近くには石屋製菓もありましたし、あそこに行った人もいるんだろうなぁ。

投稿: さよ | 2008年11月18日 (火) 22時38分

りんさん、こんばんは!先日は久しぶりにお会いできて嬉しかったです。新幹線の時間を気にしながらだったので、日曜日は観劇後挨拶もせず失礼してしまいました。去年までは遠征なんて考えたこともなかったのに、ついにこの静岡JCSで泊りがけデビューだったんです。りんさんの仲間入りにはまだまだ程遠いですがcoldsweats01

そして静岡が最後の予定だったのに今週の富士公演も魔が差したのです。。見かけたらお声掛けてくださいねshine

投稿: ナアム | 2008年11月19日 (水) 23時02分

さよさん
濱村さんは呑みそうな感じには見えないのに、すごいんですねー。
四国九州も楽しみなんでしょうね(笑)。
それにしてもビール園7杯、誰なんだ(笑)。
石屋製菓は白い恋人でしたっけ?
数年札幌に行ってないので行きたいですー!

ナアムさん
先日は静岡遠征お疲れさまでした。
久しぶりにお会いできて嬉しかったですshine
初遠征でしたかー。やってみると楽しいですよね(笑)
そして富士追加とは(笑)。その勢い、素晴らしいです!
では富士でお待ちしておりますhappy01

投稿: りん | 2008年11月20日 (木) 11時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JCSジャポネスク11/16静岡 | トップページ | 賀山祭り »