« 異国の丘10/12 | トップページ | 消えた手帳 »

2006年10月14日 (土)

山崎まさよし10/12静岡

Masayoshi061012 ライブの感動が醒めないうちに、レポを書きます。ネタばれありなので、これから行かれる方は注意してくださいませ。

 

★大きな部屋

・異国の丘終演後、弟と合流して大ホールへ。チケットは完売と書かれていました。中に入ったらステージには大きな部屋のセットが。なんかこれ、見たことあるような・・・。数年前にやったFCイベントも部屋のセットでした。あの時は、冷蔵庫に野菜生活がぎっしり詰まっていました(笑)。で、私たちの今回の席は、1階6列上手ブロック。まさやんは中央でひたすら歌うからこっちには来てくれないよな・・・と思っていたら、なんと上手側にソファーやテーブルがあり、マイクもセットされている!よっしゃー!

・開演して登場したまさやんは、いつものようにTシャツにジーンズ、アディダスのシューズという格好でした。そのTシャツから出ている二の腕の筋肉がたまりません(危)。今回はキタローさんとゲンタさんのマキゲトリオでのライブです。まさやんはブルースハープを吹き、ブルースセッションのような感じで始まりました。うおっ、かっこええーーー!!!

★ギターが気持ち良いです

・そして「NAVEL」へ。アコギの音がほんっっとに良くて、もうその音だけで感動。。。気持ちいいーー!!その音に乗っかるまさやんの歌声も素敵です。「メヌエット」では12弦ギターを使っていましたが、この音がまた美しいのなんのって。聞き惚れました。「十六夜」もホント良かったです。間奏のブルースハープにも泣かされました。この曲大好きなので、聴けて感激。また、今回はエレキも結構使用していました。「Super Suspicion」もCDとは違うアレンジで、これもかっこよかったです。

・「8月のクリスマス」は下手側でピアノの弾き語りでした。うっとり。でも、ピアノを弾いたのはこの曲だけだった・・・「コイン」も聴きたかったなぁー。

★韓国行けるじゃないですか

・2日前に岐阜でライブをやり、翌日バスで静岡へ移動したまさやんたち。通常ならば3時間ぐらいで着くのですが、東名集中工事の真っ最中だったため、大渋滞にはまり、静岡に着くまで8時間かかったそう。。。移動に工事のことを考えていなかったようです(笑)。
「8時間ですよ。歩くほうが早いじゃないですか。韓国行けるじゃないですか。ずっと1車線で、何をしてるかと思ったら伐採してて・・・別の日にやれや!」
と、ここで客席から「落ち着いて!」と声が。
「これが落ち着いていられるか!怒るでしかし!」とやすしさんになってました(笑)。

★うなぎパイ重

・8クリが終わったあとにいきなり「ピンポーン」と音が鳴り、下手からキタローさんとゲンタさんが登場。彼らの手にはうな重こっこ(静岡銘菓)が。キタローさんはパックに入ったうな重を2つ持っていましたが、どちらか一つが「うなぎパイ重」とのこと(笑)。まさやんにどちらか選ばせて、恐る恐る開けた・・・まさやんのほうがうなぎパイだった(笑)。そう、ご飯の上にうなぎパイが2つ並んでいました。あれはナッツ入りのうなぎパイミニだな・・・ってそんなことはどうでもいいか。

「甘い香りがする・・・」と本気で嫌そうな表情のまさやん。そしてお箸でご飯と一緒に食べ、一言。「メシ甘いーー!!」(笑) そしてキタローさんに渡しましたが、キタローさんは普通にガツガツ食べてました(笑)。

・そこでも東名集中工事の話をしていました。「何やねん!」「工事の人がトイレ持参して工事をやってて、よっぽど借りようかと思ったわ」・・・相当お怒りな様子です(笑)。

★中華料理

・3人で部屋でセッションするというような雰囲気で数曲演奏しました。客席も座ってまったりうっとり聴いていて、いいなぁこの雰囲気・・・と思ったら、いきなり「今日はパーティーだ!」と言い、ゲンタさんとキタローさんが客席に降りてきて人を探し始めました。そして選ばれた人はステージに上がり、ソファーにいるまさやんの近くへ。いいなー!1階後方の女のコ3人と、上手2列目の夫婦と子供が選ばれていました。

・ヅラをかぶらされ、ポンポンや鈴(?)を持たされ、無理矢理パーティー状態に(笑)。そしてまさやんのアコギ弾き語りによる「中華料理」が始まりました。その間ゲンタさんたちはポラロイドカメラでその人たちや客席をパシャパシャ撮影したり(写真は曲の後に渡していた)、そこらじゅう歩き回って踊ったり。見てる私はニコニコです。この雰囲気いいーー!

・♪老酒をおかわりしたならぁー♪の後に演奏を止め、ステージに上がっていた小さな子供に「いくつですかー?」とまさやんが聞いたら、「・・・さーさー」 おい、言えてないよ!(笑) 再び「いくつですかー?」「・・・さんさい」 今度は言えました。可愛い!そして空気読んでて偉い!(笑)

★チャーリー

・「道化者のチャーリー」では、セットにある棚にチャーリーと呼ばれる人形が置いてあって、それがライトに当たっていたのですが、曲の途中に突然動いたらどうしよう、とか消えたらどうしよう、とか変なところで怖がっていた私なのでした(笑)。

・曲が終わってから、ゲンタさんとまさやんの掛け合いに。ゲンタさんは金髪のヅラをかぶり、名前がゲンコちゃんに(笑)。そしてまさやんもつけ鼻をつけてチャーリーという名になり、声まで変えてなぜか二人で恋人になった(笑)。以下、トーク内容(うろ覚えなので正確ではありません(苦笑))。カッコ内は私の心の中です。

 ゲ「チャーリー、なんで静岡にいるのよ」
 チ「ひつまぶしが食べたくなってしまったんや」 (・・・え?ひつまぶしは名古屋だよ・・・)
 ゲ「何言ってるの?ひつまぶしは名古屋よー!」 ←場内爆笑
 チ「何か食べに行こうかー。静岡おでんは?」 (出たー、静岡おでん!)
 ゲ「二人だったらロマンチックなのがいいな」
 チ「ロマンチック・・・黒はんぺん」 (黒はんぺん出たー!)
 ゲ「あまりロマンチックじゃないー」 
 チ「おでんは煮るもんやしなぁ。煮るより焼くほうがええなぁ」 (これはもしかして・・・)
 ゲ「そうよ、日本全国”焼くブーム”よ」 (何やそれ!(笑))
 チ「静岡でも焼くブーム?・・・2階も焼きたいかー!1階も焼きたいかー!・・・パンを焼くーー!!」 (やっぱりそうきたか!しかし、焼きたいかー!って・・・(笑))

・・・と、話の持っていき方が何とも素晴らしかったです(笑)。

★攻撃的

・アットホームな感じで「パンを焼く」が始まりましたが、途中からテンポがアップ!ギターもアコギからエレキに変わりました。え、曲が変わるの?まだ早口言葉やってないのに・・・と思ったら、そこから早口言葉に。え、この速さでやるのー??凄い速さで次々と早口言葉の掛け合いが始まりました(笑)。以下、やったものです。

 ・生麦 生米 生卵 ×2
 ・カエルぴょこぴょこ3ぴょこぴょこ 合わせてぴょこぴょこ6ぴょこぴょこ
 ・隣の竹やぶに竹立てかけた ×2
 ・東京特許許可局局長 ×2
 ・赤巻紙 青巻紙 黄巻紙 ×2
 ・瓜売りが瓜売りに来て瓜売り帰る ×2
 ・島根のシネマは暇シネマ ×2
 ・田中と中田でナタデココ ×2
 ・バスガス爆発 ×4

 ・笹かま逆さま ×4
 ・赤パジャマ 黄パジャマ 茶パジャマ 青パジャマ

・・・かな。もうちょっとあったような、なかったような。。。大体いつものヤツでしたが、いつもよりテンポが速いのでなかなかちゃんと言えなかった・・・。何とも攻撃的なパンを焼くでした。あ、まさやんは絶好調で完璧でした(笑)。

・「長男」も早いテンポで(「Fat Mama」と同じぐらい)、パーカッション2人とギターという珍しいアレンジでした。また、アンコール前の「晴男」ではこぶしを上げる動作があり、私もこぶしを上げました・・・まさかまさやんのライブでこんなことするとは思わなかった(笑)。

★やっぱこれでしょう

・「晴男」でお客さんに♪ラーラーラー♪と歌って手拍子をさせたまま引っ込んだ3人。その状態で出てくるのを待ちました。こういうアンコールの仕方って珍しいです。いつもだったら椅子に座って休憩している私ですが、今回はそうはいかなかった・・・。でもこういうのもいいですねー。

・アンコールでは「セロリ」「月明かりに照らされて」と演奏されました。月明かり、大好きなので感激!!あのギターとブルースハープはいつ聴いても泣けます。そして最後の「バス停」では一人でしっとりとギター弾き語りで歌い、終了。はぁー・・・終わっちゃった・・・。

 

以上です。長くなってしまい、スミマセン。。。とにかく私も弟も大満足でした。素晴らしい演奏と歌、楽しいトーク。まさやんのライブはホントに良いです。次のツアーはいつになるんだろ?と、まだ今のツアーが終わっていないのに次のツアーを楽しみにしてる私なのでした。

  

★山崎まさよし
 2006.10.12(木) 
静岡市民文化会館

NAVEL
陽気なゴースト
long yesterday
メヌエット
十六夜
Super Suspicion
8月のクリスマス
未完成
ADDRESS
ビー玉望遠鏡
全部、君だった。
中華料理
道化者のチャーリー
パンを焼く
Fat Mama
長男
アンジェラ
晴男

~アンコール~
セロリ
月明かりに照らされて
バス停

(内容、曲順等、違っていましたらご指摘ください!)

|

« 異国の丘10/12 | トップページ | 消えた手帳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104426/12276065

この記事へのトラックバック一覧です: 山崎まさよし10/12静岡:

« 異国の丘10/12 | トップページ | 消えた手帳 »