« キャッツ6/10マチネ | トップページ | 異国の丘6/18名古屋千秋楽 »

2006年6月16日 (金)

6/11地球ゴージャス「HUMANITY」千秋楽

Humanity2泊3日のライブと観劇の旅の締めくくりは、新宿コマ劇場での地球ゴージャス「HUMANITY」の観劇でした。10日の前楽も行ってきたのですが、本当に疲れていて眠くて、ラストあたりで意識が遠くなってしまいました。。。あーー、何てことだ。大反省。この日は大学時代の友達と一緒で、終演後にそのコが一人で住んでいる部屋へ泊めてもらうことになっていたので「夜は飲もうねー!」って楽しみにしていたのに、缶ビール1本で睡魔が来てしまったのでした(苦笑)。

ちなみに、10日のカテコでは、

寺脇さん(だと思った・・・) 「今日は前夜祭なので、カラオケ大会!」
お客さん 「わーーー!!!」(拍手が沸き起こる)
寺脇さん 「・・・を皆さんでやってください」(場内笑い)

と言ったり、唐沢さんが「人体図に載っていない筋肉が痛いです」と言っていました。極めつけは高橋さんが「今の気持ちを体で現します」と言い、いきなり「やーー!!」と叫び舞台上で転がりました。な、何だよそれーー!!(笑) 「いやし系というか・・・ややこし系?」と誰か(寺脇さん?)に突っ込まれていた(笑)。

 

ここからは千秋楽。 3回観て3回とも上手側だったけれど、今回は初の下手(6列目)。コマは舞台が丸く、下手側で何をやっているのかよくわからなかったので、下手でも観る事ができて良かった。今回は出演者がとても多いのですが、アンサンブルでは熱海将人さんと能見達也さんが好きで、「びくびく人間」では能見さんが下手側で踊っていたので、踊りが見られて嬉しかったです。ということで、いつものようにまとまりのないレポを(笑)。あ、そうだ、三谷幸喜さんが観にいらしていました。普通に一人で売店で飲み物を買っていた・・・地味なようで、目立っていた(笑)。以下、ネタバレありです。

 

★千秋楽らしいです

・千秋楽ということで、俳優さんたちに気合が入っているのがわかります。お客さんも濃いファンばかりのような雰囲気。手拍子も曲に合わせて時々起こりました。メインの方々はアドリブを多くしていて、かなり笑えました。

・犬(寺脇さん)の家族構成がわかりました。両親と兄と妹だそうです(笑)。それを自分で言ったあとに「なぜ家族構成を知ってるんだ!」と種太郎(唐沢さん)に突っ込んでいた(笑)。

・種太郎がキジ、サル、犬の後ろに並ぼうとするシーンで、「いちにっさんし、にいにっさんし・・・しーにっさんし」と言ってから並ぶのですが、そのあとに突然種太郎の口から駅員さん口調で「田端ーー」・・・ナンデスカー!!(笑)

・キジ(蘭香さん)はいつもその見事に割れた腹筋と色気で客を悩殺していましたが、滑ったりメガネがはずれてしまったりと、珍しくミスがありました。でも、綺麗だからいいんです。歌も踊りも素晴らしいからいいんです。腹筋がすごいからいいんです(いいのか?)

・スツー(林さん)の呼び名は、「小籠包」→「酢豚」→「豚骨ラーメン」と変わっていきました。前楽は「豚骨」だったのに、「ラーメン」がくっついた(笑)。

★鬼もテンション高いです

・青鬼(斉藤さん?)は密かに(?)顔の青メイクを日ごとに変えていました。友達が見た時は温泉マークだったらしい。前楽は犬の足跡でした。そしてこの日は・・・顔面全部真っ青!!(笑) こ、怖ぇーー!!そんな青鬼の顔を真正面で見た瞬間の寺脇さん・・・一瞬固まり、つい笑ってしまった(笑)。全部塗るのは反則です(笑)。

”鬼サンダーボルト”で岸谷さんの鬼は電流を浴びてしまうのですが、その時「サンダーボルト、その次あたるとヨンダーボルト、ゴダーボルト・・・」と放心状態で言っていました。もちろん元々決められたセリフではありません(笑)。

・そんな岸谷鬼は、金棒でしゃがんでいる寺脇犬を突いても犬が倒れず、一言。「意外に軽い・・・頑丈」・・・え??軽い??(笑)

★その他のキャラも素敵です

・サル(植木さん)が言っていた「サンキューアンドリュー」の連呼は、アドリブなのか、それともセリフなのか・・・?6月4日の観劇の時にアドリブで出た言葉だと思っていたのですが、前楽も千秋楽も言っていました。謎です。大阪公演で確認したいです(笑)。

・それにしても植木さんのダンスは凄いの一言。凄すぎてひたすら感動します。ありえない動作とか平気でするし。ブレイクダンス世界一の方の踊りがここで見られるなんてびっくり。いやぁー、いいモノ見せていただきました。

・ウスバカゲロウも千秋楽ということで、いつもより頑張って飛び跳ねていました。三人とも30代なのに、そんな格好で・・・(笑)。能見さんもテンション高かったなぁ。つか、能見さん細すぎ。絶対私より体重少ない気がする・・・。鴇田さんも細いです。そのため、熱海さんのお腹周りが気になりました(汗)。四季にいた頃はどうだったんだろう・・・。

★ぼったくりバー

・本編が無事に終わり、カテコへ。メインキャストの方はいつものように一人ずつ挨拶をしたのですが、唐沢さんが「五朗がぼったくられた話とかあるんですけどね、でも長いからやめます」と言い出したらブーイングが起こり、結局話すことに。とても千秋楽の挨拶とは思えない話でした(笑)。

・ある冬に、唐沢さん、黒木瞳さん、ミッチー(!)、岸谷さん、寺脇さんなどが集まり、飲み会を開いた。黒木さんは一次会が終わりジャガーで帰ったが、ミッチー、岸谷さん、寺脇さん、唐沢さんの4人は場所を変えて飲んだ。雰囲気は普通のバーだった。

・彼らは2杯ずつウイスキーなどをロックで飲んだ。お店にインスタントのうどん(お湯で1分ぐらい茹でるだけのもの)があったので、4人分作ってもらった。それが意外に美味しかった。「インスタントなのに美味しいよー!」

・そして帰ることに。ミッチーが「僕出すよ」とお金を払おうとしたが、岸谷さんが「一番年下なんだからいいよ。俺が出すよ」と言い、岸谷さんが払うことに。しかし、そこで言われた請求額がなんと、4万円!!とっさに出た言葉・・・「うわ、高ぇーー!!」 あまりの衝撃についつい店中聞こえる声で「うどん1杯1万かよ!」「インスタントじゃねーのかよ!」と言った(笑)。

・仕方なく4万払い、店の外で解散。タクシーが止まり、岸谷さんは乗り込んだ・・・が、次の瞬間、唐沢さんに一言。「唐沢さん、お金貸して・・・」 えぇぇーー!!(笑)

・という話でした。まさかゴージャスの舞台(しかも千秋楽)でミッチーの名前が出るとは思わなかった(笑)。一緒に観ていたミッチーライブでのいつもの相方と二人でびっくりしたのでした。ミッチーとゴージャスの二人は知り合いなんですね。次回作、ぜひミッチー出てほしいなぁ。

・ちなみに唐沢さんは「次は出ないけど、僕も応援してます」とのことでした(笑)。

 

以上です。また長くなってしまった・・・ごめんなさい。あ、でも舞台の内容についての感想がないですよね。えっと、話はここ数作の中ではいいほうかな。鬼退治の話だけど、実は伝えたい事はとても深いと感じました。踊りは華やかでレベルも高く、曲も結構好き(CDを聴いている毎日)。でも、個人的には最後の戸田さんのソロのように、聴かせる歌がもうちょっとあれば良かったのになーって思いました。高橋さんの歌もじっくり聴いてみたかったです。ま、でも面白かったのでもう一度観たい。大阪行きたい・・・でもモンナシーヌなので、無理です。。。

関係ありませんが、昨日仕事で「こんな所に人が住んでいるの?」ってぐらいの山奥へ車で出かけました。そしたら、いきなりぴょんぴょんと車の前を横切る鳥が・・・それはキジでした。うわ、本物のキジだー!野キジ(っていうのかな?)だーー!!緑色だーー!と車内で興奮していた私なのでした。

|

« キャッツ6/10マチネ | トップページ | 異国の丘6/18名古屋千秋楽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104426/10552299

この記事へのトラックバック一覧です: 6/11地球ゴージャス「HUMANITY」千秋楽:

« キャッツ6/10マチネ | トップページ | 異国の丘6/18名古屋千秋楽 »