« 終わっちゃった・・・ | トップページ | キャッツ1/14マチネ »

2006年1月13日 (金)

人間になりたがった猫

ふぁ~、眠い。一体何なんでしょう、この眠さったら(-.ゞ 仕事に行くのは憂鬱だし。「休みたい」これが仕事での口癖になっている今日この頃です。はぁ。。

さて、11日に「人間になりたがった猫」の焼津公演に行ってきました(以下少しだけネタバレありなので、これから観る方は読まないほうがいいかも)。今回の全国公演で一番近い場所だったので、とりあえず。駅から離れている場所なので車で行く事にしたんだけれど、仕事帰りの車で道が混みそうなので、仕事を早退して早めに家を出発(静岡県西部在住)。しかし6時頃に着くつもりだったのに、焼津は遠かった。よく考えたら(よく考えなくても)焼津はそれほど近所ではなかったです(笑)。結局会館へ入れたのが6時20分頃かな。疲れた。。。

会場へ入ってまずキャストボードへ。メインキャストしかチェックしていなかったので、会場のキャスト表の「本城裕二」の文字に少し興奮(何故??(笑))。今日はジョンだわ、ジョンチェックだわ!!と一気にテンションが高くなった(笑)。

開演。ライオネルの山崎さんは歌も踊りもそつなくこなす方でした。ステファヌスの松下さんは、CFY静岡公演で観た時には「モリースだー!」と思ったけれど、今回は「エベレットだー!」という感じでした。松下さん、いいわー。ステファヌス面白い。

そして町のシーンでアンサンブルが登場。いたーー!!風船屋!!!あのジョンが(呼び捨てゴメンナサイ・・・)ボーダー柄の服着て、中尾彬さんみたいなスカーフの巻き方をして、帽子にはカラフルなバッヂをたくさんつけている。そしてとびっきりの笑顔だよ!あのジョンが!!そんなアナタに釘付け。「よーし、みんなで行こう!!」あぁ、その笑顔・・・。途中、錠前屋としても登場していて、後ろ姿でもジョンだとわかりました(笑)。私はファンなのか・・・?(;´▽`A``

花田ジリアンはマコのようでした。今回はマコよりも台詞が多かったので、観ていて訛りが少々辛かった。。可愛かったんですけどねー。

舞台は大人でも楽しめました。ステファヌスやスワガードが面白くて、結構笑えた。見所はやはり火事のシーンですね。面白いように建物がどんどん崩れていったので、観ていて楽しかった。そこまで壊すんかいっ!って感じ。でも、これは3階建てのセットで観てみたかったです。迫力あるんだろうなー。これ、去年の夏のように、自由劇場あたりでやらないかなぁ。どうなんでしょ?パンフレットにライオネル役に友石さんの名前と写真があったので、もし友石ライオネルが登場して観る機会があったら、ぜひ観てみたいです。

そうそう、面白かったことが。ライオネルがステファヌスの魔法で猫に戻ろうとしたのに、スモークから現れた姿は猫ではなく人間のまま、というシーンで、後ろの列の男の子が一言。「魔法が全然効いてねーじゃん!」周りからは笑い声。私も笑いつつ心の中で「こ~ども~!」と名古屋弁ティモン風に突っ込んでいた(笑)。

で!嬉しかったのは、劇中の歌の中にソング&ダンス3で使われた曲が2曲あったこと。ふしぎな気持だ~♪・・・え!?これって、聴いたことあるぞ!しかも、スンラさんの歌声で!スーツ姿のスンラさん・・・あぁぁーーかっこよかったよぉぉーーー(*´ -`) そして、2幕でのタドベリが歌う歌・・・♪涙というやつは~♪・・・これもだ!!うわー、嬉しいーー!!(ノд・。)  ソンダンでは「涙~すてきな気持」をメドレーにしてヴォーカルパートの方々がアカペラで歌っていましたが、これが良かったんですよー。。。この2曲を久々に聴けて嬉しかった。

あーーソング&ダンス3また観たいーーー!!!スンラさんのムーヴザジャッジの高音シャウトが聴きたい聴きたい聴きたい!ヴォルツオヴヘヴンでのあの歌い上げっぷりも聴きたい。オービージョイフルでのオーバーオール姿やヘロデ王の白衣装も見たい・・・って、スンラさんばっかりじゃないかぁー。ま、許してください。。今年中に再演してほしいなー。一ヶ月でもいいから・・・。と、ソンダン3禁断症状が活発になってしまった私なのでした。あぁもう我慢できねぇっす。

|

« 終わっちゃった・・・ | トップページ | キャッツ1/14マチネ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104426/8145697

この記事へのトラックバック一覧です: 人間になりたがった猫:

« 終わっちゃった・・・ | トップページ | キャッツ1/14マチネ »