« 脂肪炎上 | トップページ | クレイジー・フォー・ユーの夏 »

2005年8月11日 (木)

観劇の夏

最近疲れています。仕事も夏休みは9月の予定なので、今月はひたすら働きます。。休みたい。「休みたいですー」と隣の席の人に言ったら「最近よく休んでるじゃん」と言われてしまい、ショック。軽い気持で言ってるのかもしれないけれど、そんなこと言われると休めないよ。。悲しい。

最近休んだのは5日。観劇のために休みました。母と東京へ1泊2日観劇の旅。もともと6日だけの予定だったのですが、某プレゼントに当たって、お台場の某ホテル(フジテレビ横)のデラックスツイン1泊2食付宿泊券をいただいたのです。ラッキー。

5日は夢から醒めた夢を観劇。劇場に着いたら三宅さんが立っていた!びっくり。並んで写真を撮ってもらいました。三宅さんと撮れるなんて・・・ううう嬉しい(泣)。吉原さんとは手をつないだ写真が撮れました。嬉しかった!あ、高倉さんと西尾さんが観に来ていました。高倉さん、楽しそうに高脚ピエロを見てました。

さて、舞台は先日の千秋楽公演を観たばかりでしたが、また泣かせていただきました。吉沢ピコに花田マコ、良かったです。荒川配達人のステッキをくるっ!!と回すスピードの早いことったら。吉原暴走族は気合が入っていました。あ、メソが白いパスポートを持っているとわかった時の吉原さん、有賀メソのお尻をペタペタ叩いていました。いつもそうしていたのでしょうか?今気付いてももう見られないのでとっても気になる・・・。

カーテンコールではスタンディングまで起こり、前楽っぽい雰囲気でした。役者さんも気合が入っていて、皆さん良い表情のカテコでした。拍手に何度も応えて出てきてくれて、吉原さんなんて両手広げてジャンプして出てきました。JCSを思い出した・・・あぁ、観たいJCS。

母は初めて観たのですが、大変喜んでいて絶賛していました。連れて行ってよかったー(^-^) あ!!そうそう、私は今回2列目で観ていたのですが、私の前の最前列の夫婦が乳児を抱いて観ていたんです。とっても落ち着きがなく、何度も席を立つ。それだけでもかなり気が散って舞台に集中できなかったのですが、さらに驚いたことが。なんと、上演中に母が抱いているその乳児をなだめるために、ダンナがカップゼリーを横からスプーンで与えていたのです(@_@) し、信じられない。。。そこまでして観たいの?つーか、飲食禁止だぞ!

自分が観たいがためにそんなに小さい子供を連れてきて、周りの迷惑も考えずにどんなに子供が暴れて泣いても最後まで観る・・・理解できませんでした。お陰で、ヤクザの歌を集中して観られず、悔しくて泣きました。。注意したかったのですが、タイミングが合わずできなかった。舞台は良かったのに、母も私もすっきりしない出来事でした。非常に残念。

ということで、気を取り直してホテルへチェックイン。その後、隣のフジテレビへ行きました。数年前にナイナイの岡村さんがライオンキングに挑戦した時のハイエナの衣装とチュンバが飾ってありました(^-^) 衣装には当時の出演者の寄せ書きが。わー、貴重~。

ホテルでは豪華な中華ディナーをいただき、本当にタダでいいのかしら?って感じでした(^-^;) 部屋も広くて豪華で、夜景は綺麗でした。次の日の朝食のブッフェもとても美味しかったー。また泊まりたい・・・けれど無理だ(-_-)

次の日(6日)はマチネでオペラ座の怪人、ソワレでキャッツ。オペラ座は母は初見でした。最前列センターで迫力はあったけれど、シャンデリアや、怪人が上で歌うシーンが観辛かったのでもう少し後ろでも良かったかも(贅沢!?) 先週は村ファントムだったのですが、この週だけ高井ファントムでした。クリスは高木さん。若いし、歌声きれいだったなぁ。訛りも感じられなかったので好印象。そして、小林フィルマン、やっぱり素敵です(^-^)

ソワレのキャッツは早めに行ってキャッツシアター探検。2階のJG席まで行っていろんなゴミを母に見せました。かなり驚いていた。キャッツは母は静岡以来の2度目だったのですが、当時の記憶も曖昧になっていて、「こんなだっけ?」というところもあったようです。「踊り変わっている?」いえいえ、全然変わってないです(^-^;) しかし、「今日の毛のない猫(タント)は目がきついわね」「黒い猫(ミスト)は前回と違う人ね」と、そういうところは覚えていた。

今回の席は回転席2列目上手スロープ横(タガー握手エリア)。近かったので母もその迫力に感動してました。ジェニナンバーの後、マンカスに手を引かれてレンジに戻る時、高島田ジェニは「あらまぁ~」と言っていました。やっぱりおばさん猫だ!!(笑) 福井タガーは久しぶりでした。妙に弾けてた。でも芝タガーに染まってしまった私には物足りなさを感じる・・・ごめんなさい、福井さん(>_<)

そうそう、今回スキンブルナンバーでのヤクザマンカス登場の時、タガーは何もせずギルが回転キック(?)をして戦おうとしてました。あれは福井タガー&千葉ギルの時にはいつもやってたのかな?初めて気付きました。

ということで、大満足して帰宅しました。母はその後「キャッツシアターはねぇ、もう雰囲気がすごいのよ。猫がねぇ、気付いたら横にいて見てるのよ!」と父や子供(私の兄弟)に話してました。そこまで喜んでくれて良かった。また「これで2回見たけど、何度も行く人の気持がわかるような気がした」とも。しかし「(50回行った)アンタには理解できない」と言われました。。。そうですか。。。

月曜日、早速夢醒めで撮った写真をプリントしました。出来上がってビックリ。な、なんと、三宅さんとのツーショットの写真、すっごく横に2人が写っていて、しかも三宅さんが1/3切れている(@_@) なぜだーー!!「枠に入れて撮ったんだけどねぇ」と母。絶対ウソだ(泣)

7日は名古屋へライオンキング、9日にはクレイジー・フォー・ユーの静岡初日も行きましたが、それは後日改めて。それにしても行き過ぎです。観劇で疲れている今日この頃です。あぁ休みたいーー。

|

« 脂肪炎上 | トップページ | クレイジー・フォー・ユーの夏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104426/5424847

この記事へのトラックバック一覧です: 観劇の夏:

« 脂肪炎上 | トップページ | クレイジー・フォー・ユーの夏 »