« 私の目指すもの | トップページ | あっけない。 »

2005年5月25日 (水)

観て飲んで踊る

色々と忙しく、しばらく書けませんでした。今日は週末東京で観劇をした舞台について感想などを書こうと思います。

21日土曜日。マチネはキャッツ。遠征してきた友達と1ヶ月半ぶりの再会。前回一緒に観た時は、私が福井タガーに連れ去られ、その友達に私のその姿を見られてしまいました・・・。初めて連れ去られたのですが、いざ自分がその立場になるとワケがわからなくなってしまった。とりあえずスキップはしてみましたが(^ ^;)

それはさておき、今日は1階B席半額返金席での観劇。しかも5列だったので、前をガンガン猫が通って楽しかったです。これで3,150円は本当に安いです。タイヤがあまり見えないのですが、安いから文句は言えません。最初の目チカでキムさんが。ネーミングでも近くまで来て生声が聞こえたので、私にとってはおいしい席でした(ちなみにこの席のネーミングはギル)。タガーは今回はちょっと控えめ?そんな印象を受けました。あ、でも、いつもが弾けすぎてるのかもしれない(笑)。最後の握手はスキンブルとジェミマ。書いて思い出したけれど、静岡キャッツの時に、涼太スキンブルとずっと握手したかったんだよな・・・。結局握手できず今まできたので、そう考えるとちょっと嬉しい。

ソワレ。何も観劇の予定が入っていなかったのですが、急に花代ピコが観たくなったので、浜松町へ。当日券でバルコニー席を購入して夢醒めを観劇しました。今回のロビーパフォーマンスは兵隊タップを見た後、輪投げへ。皆さん外してばかりで、見ていて難しそうだったのですが、なんと、私入っちゃいました!やったー(^-^)v ポストカードをお姉さんからいただいて、ちょっと上機嫌。

初の花代ピコの第一印象・・・子供に見えない(-_-)お姉さんっていう感じかな。違和感があったけれど、歌と踊りは安心して見られたので、私的にはOKです。また、花田マコはセリフを心配していたのですが、あまり訛りが気にならなかったので良かった。声質はとがった感じで、高音に伸びがあってきれいでした。

で、舞台は私、前回見た時よりもボロボロ泣いてしまいました。。。何なんでしょ!?自分でもびっくり。私が泣いてしまうのは、①霊界空港でピコがみんなと別れるところ ②マコ母がマコを引き止めるところ ③最後ピコが「おじいちゃん~(略)~光になったのね!」と叫ぶところ ・・・です。私はこの3シーンがあれば泣ける(笑)。保坂ピコの時のビデオも、見るたびに決まって泣きます。なんだか、「これがあればご飯何杯でも食べられる!」みたいな感じですね(笑)。

ソワレ終演後、五反田へ戻り、マチソワでキャッツを見た友達と再び会い、飲んで色々な話をして盛り上がりました。その後、ホテルへ帰り、踊りの練習・・・練習!?(笑) 実は、今月の初旬に某所にて、元四季で元ランペ役だった松永さち代さんにキャッツの踊りの一部(本当にほんの一部ですが)を教えていただいたので、それを友達に伝授したのでした(^ ^;)それにしてもちょっと動いただけで体が暑くなるこの踊り・・・本当に、猫役者さんたちは毎日大変だなぁ、と思うのでした。

日付変わって22日。マチネはまたキャッツ。芝タガーは昨日よりテンション高めでした。タガー連れ去り、いつものように女の子を席に戻し「んーーーまっ!!」のおでこへのキスの後、なななんと、その子を抱きしめた!!えーーー!?そんなのアリ?・・・その瞬間、私の中ではタガーというより、男・芝清道だったのでした(笑)。そしてちょっと嫉妬(^ ^;)いいなー、羨ましい。

2幕のガスナンバー、キムガスのよぼよぼ度は今日も絶好調でした。いつ倒れてもおかしくないです(笑)。ジェリロの歌にうんうんとうなずいたり、ちらっと見て微笑んだり。そして♪近頃の役者~♪の時は、許せない感情がひしひしと伝わってくる。本当にキムさんはさすがです。変わってグロタイ。笑い声がいきなり大きく、元気一杯で、さっきまでの姿とのギャップが気持良い。演技も本当に細かい。そして、シャムネコ軍団と戦うキムタイガーは勇敢で、見ていて応援したくなってしまいます(笑)。

スキンブルナンバー。私が好きなシーンは、ヤクザマンカスが現れた時の芝タガーです。「やってやろうじゃないの!」っていう感じで尻尾をぐるぐる回すタガー。そして、その後の「いや~、スキンブルくんさすがだね」という感じで引っ込むニコニコタガー。で、今回のシラバブのベッドですが、芝タガーはいきなり隣のギルベッドに腰掛けた(笑)。そうきたか!!

そしてカテコ。2人ずつ挨拶するところで、キムさんは両手を広げ、妙なオーバーアクション。え、どうしちゃったの!?何があったの?急に弾けたキムさんの姿につい笑ってしまいました(失礼・・・)。今日は良い出来だったんでしょうね。

さて、マチネ終演後、今度は青山劇場へ。地球ゴージャス(岸谷五朗、寺脇康文)の「クラウディア」を友達と観劇。地球ゴージャスは結成10周年で、私は10年前の初演からずっと観てきています。あっという間ですね、10年って。。。恐ろしい(笑)。で、クラウディアは再演モノで、前回も観ているため内容は分かっていました。今回は本田美奈子さんが急病のため、代役で工藤夕貴さんがクラウディア役に。少々不安だったのですが、工藤さんは本当に良い方向へ裏切ってくれました。歌がとても上手かった。そして演技も。最後はマジ泣きしてましたよ。びっくり。

岸谷さん、寺脇さんは今回も踊り、殺陣ともにハードでしたが、キレがあって本当にカッコよかったです。これで40過ぎてるとは・・・凄いです。テレビに出ているイメージしかない方には、舞台での2人を見るとたぶん驚くでしょうね。。。そして笑いも相変わらず多かったです。

その他今回良かったのは、アンサンブルの踊りのレベルが高かったこと。観ていて気持良かったです。熱海さん他、元四季の方も何人かいるんですよね。ということで、全体的には満足できた舞台でした!

ちなみに・・・この日のマチネに、ミッチーが観に来ていたらしい(唐沢さんと)。どうして昼なんだ!そんなニアミスに少々ショックを受けました(>_<) まぁ、過ぎたことを言ってもしょうがないのですが。ミッチーはあの舞台、そして岸谷、寺脇氏をどう思ったのでしょうか?ミッチーも40過ぎても体型を維持してガンガン踊っていてほしいものです。。。以上、2日間の観劇レポでした。

|

« 私の目指すもの | トップページ | あっけない。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104426/4276041

この記事へのトラックバック一覧です: 観て飲んで踊る:

« 私の目指すもの | トップページ | あっけない。 »